トップへモドロ
■ 一周忌です。


ちぷさんとやまぴのツーショット。
ひさびさ*\(^o^)/*


この後、めちゃめちゃ泣かされた。
やまぴに泣かされたのは初めてかもかも(つд⊂)
| 回想 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ お誕生日
今日は亡きチープさんのお誕生日ですね。今年からはおめでとうじゃなくてアリガトウ、と言うことにします。

毎年お誕生日はやってくるけど、チープさんは歳とらないから私が追いつけ追い越せだな(笑)

cheep3
| 回想 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ おひさしぶ〜り〜ね〜
ずーいぶん間が空いてしまいましたが、生きてます(^.^)
前回の記事、チープさんって3月。
いま、何月??(-_-)


てことで、今日から盆休みなのですが、明日は墓参り、明後日は休日出勤で本当に休めるのは今日しかない。

ので、欲望に任せることにしまして、朝からダラダラテレビに張り付いております。

こんなん観た。
なんでビデオテープやねん。


デスノートとトゥルーライズも観たよ。

そんな中、見つけた一枚のDVD。
白い表面に走り書きのタイトル?
私の字だけどきったね〜…
なんで書いてあんだ??

…「クロコ」???

もーしかーして〜〜〜



あたり。
原宿クロコダイルでチープさんのライブがあった時、終了後にPVの撮影すっから残ってて〜って言われて客席も撮影に参加したんでした。

グルニオンのPVでしたが、チープさんの歌ってる場面がめちゃ多かった。
久しぶりにあのやんちゃなガキ大将みたいな笑顔が見られてほっこりしましたですわ。

お盆だし、ファンのとこにもちょっとずつ帰って来てくれてんのかしらね〜*\(^o^)/*
| 回想 | 16:22 | comments(5) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 14/3/18
チープさんを送ってきました。
まさかチープさんのお葬式に行くことになるなんて出会った頃に思うわけなし。

陽気な兄ちゃんだったけど、それだけじゃなかったですよね。
真面目な話がじんわり染み入る器の大きな人でした。

島山さんのステージ

なんでも聞いてくれるので、次に会ったらこれも話そう!あれが訊きたい!!って考えてるんだけど。

島山さんの時

会ったらぜーんぶ吹っ飛ぶぐらい、私の話なんてどーでも良くなってしまう。

サテライトじゃない時

そんな、妖気(!)がありました。

サテライトやったっけ?

そこに居てくれるだけでいい?みたいな??

CHEEps

↑↑↑
CHEEp's。私が一番好きだったステージです。
ゆっくり休まないで、ちょっと休んだらまたこのダンスしてて欲しいぞ。

cheepさん

チープさん。
次に会うとき、私はヨボヨボ婆さんの予定なので
私って判らないと思うからこっちから探して会いに行きます。

29年間、どうもありがとう。
またね。

| 回想 | 12:55 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 山本はるきちのいい女になれよ・3
最終回です。
>>山本はるきちのいい女になれよ・1
>>山本はるきちのいい女になれよ・2


思えば当時、はるさんが1番スキでしたなぁ。

当時はるさんのお気に召さないクルマグッズに

ハイマウントストップランプ

があり、これもアタシキライでしたのよ。
ハイマウントストップランプって、アレよ。
元々ついてるヤツ以外に自分で取り付ける赤いブレーキランプのことよ。
>>参考。こんなの

クルマのお尻に羽みたいなのつけて、それが光るのもありますわ。
これがまた、乗用車同士だとちょうど視線の高さにこのランプがジャストミートしまして、前行くこんなクルマにブレーキ踏まれた日にゃもうまぶしいの眩しくないの…。

ちなみに当時のカレシが次に買う新車にはこのハイマウントストップランプを付けたい!と意気込んでおりましてアタシは冷ややかな目で静観しておったのですが、結局買った新車はダイハツ・シャレードでございまして、ハイマウントを付けてカッコイイ車種じゃなかったのでございます。


とまぁ、話が脱線しましたが。
当時、愛車を購入したてでドライビングが楽しくてしょーがない様子だったはるさん、街ゆくクルマ(おばちゃん仕様)に本当にイライラ&ハラハラさせられたようです。


「オレのファンの皆!
車乗ってる子もこれから乗ろうって子も、自分本位じゃなく、周りにも環境にもやさしい運転をするオンナになってくれよ!」


って事だったのですね。
まーつまりは

オレの好みのオンナになれよ!

・・・ってコトか?(笑)

若かりし頃のワガママですわね・・・。
あぁ、こんなコト書いていいのかしらはるきちサンゴメンナサイ。
| 回想 | 20:33 | comments(4) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 山本はるきちのいい女になれよ・2
>>山本はるきちのいい女になれよ の続きです。
何度見てもすばらしいネーミングですね。


で。
そんなこんなで、女性ドライバーの愚行に嘆くはるさんだったわけです。

うむ。
アタシの今住んでるとこ、徒歩5分でショッピングモールや飲食店が立ち並ぶ大通りに出る割には家の裏は一面の水田、車で10分で浜辺に出られるような中途ハンパなイナカでございます。

こんなイナカでは、成人はすべからく車の免許を所有していないと生きて行けません。
おおげさじゃないのよホントなの。
つまり、娘さんもおばちゃんもおばあちゃんも車を運転する…。
(息子さんもおっちゃんもおじいちゃんも運転しますが)


こないだ、こんな事がありました。

片側に病院の立ち並ぶ通り、通称「病院ストリート」(そのままやんけっ)。
その通りのド真ん中で一台の軽自動車が停まっております。
指示器もハザードも出しておらず、ブレーキランプが赤々と光り・・・

ん?

なんだかこの光、紅白じゃないのけ?

…そう、バックライトが灯もっておりますの。
こんな交通量の多い道でバックするってか!
なんでじゃ!!!

アタシはビックリしてブレーキを踏みましたが、その軽は気にする様子もなく
堂々とヨロヨロバックし、一筋手前の病院駐車場へ入って行きました…。
一見、おばちゃんでした・・・。


病院第一駐車場が満車だったので、バックして


第二駐車場に入れたかった、と。

図解。
イナカの風景

当然、この軽の後ろにはアタシを先頭に、車が数珠つなぎでおます(笑)

驚いてはいけません。こんなのイナカにはよくある風景です。



道の真ん中で堂々と乗り降りするお年寄り、なんてのは朝メシ前。

対向車同士が停まって窓開けて延々としゃべってたりするしねぇ。
通りたい車は歩道側によけて通るのよ。
ありえませんて。


昨日も出勤途中に2台の女性ドライバーにドッキリさせられました。
1台は一方通行に堂々と逆行して来る軽自動車@娘御。
狭くて2台が離合なんてできない、アタシにとっては通勤用裏道ですんで、ツッコんで来られちゃ困りますの。

当然、バックしてもらいました(←強気)
そしたらバックがまたまっすぐできないのー。
ドブに落ちるわよオイコラ!って感じでしたが、ドブ寸前まで寄ってくれたおかげでアタシが通れるスペースができ、シュッと通って来ましたわ。
後がどーなったかは知りません。(悪)


もう1台は、一旦停止を堂々と素通りするミニクーパ@おばちゃん
見通しが悪くて危険だから一旦停止はあるわけで、間一髪スレスレで激突をかわしました。心臓ばっくばくいいましたもん。

そのうち心臓発作で死ぬかもしれません、アタシ。


なんだかまとまらないわねーでつづく(笑)
↓↓↓
山本はるきちのいいオンナになれよ・3
| 回想 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 山本はるきちのいい女になれよ・1
むかーし昔のファンクラブの会報に、とある連載コーナーがありました。

その名も



「山本はるきちの''いい女になれよ''」




・・・。

とてもはるさんらしいコーナータイトルですわね。
ネーミングセンスが秀逸です。

会報そのものを全て失くしてしまってるので細かい内容はもう忘れてしまいましたが、読んでいて、連載期間中ずーっと

「はるさん・・・。」

とつぶやいていた記憶がありまする。
いろんな意味で感慨深い内容でございました。(どんな?)

しかし、何回かの連載中に「これは!」と思ったネタがございました。
なんと、最初から最後までアタシと意見が一致したのです。

はるさんと意見の一致。
はるさんと意見の一致。
あの山本はるきちと意見の一致。

初めての経験でしたからそりゃもうビックリしたのなんの。
(といいますか最初で最後だったかもしれません  ̄  ̄;)

その衝撃の内容とは。

「クルマについて」でした。

もっと限定しましょう。

「女性の運転するクルマについて」でした。

女の人の運転してるクルマは危険だ!って内容でした(笑)
読んでる連中、敵に回したいんかい!ってハラハラしました(笑)



その冒険心あふれる内容とは。

例えば、有料道路の料金所。
今みたいにETCなんて便利なものは無く、全てニコニコ現金払いの時代です。
料金所ってさ、高速道路みたく走った区間で料金が変わってくるものもあれば
常に一律のトコもありますわね。ココからココまで500円、とか。
で、ほぼ間違いなくすべての車が一度は停まって窓を開けるのですから、
ヘタすりゃ出口が長蛇の列になることもあるわけですわね。

有料道路の出口での一連の流れとしては


1:窓口付近で停車
2:サイフから現金を取り出し、係員に渡す
3:おつりを受け取りサイフへ入れる
4:窓を閉める
5:発進する


って感じですよね。
高速道路だとこれに加えてチケットを係員さんに渡す作業が入ります。

が、はるさんはこれが許せません(笑)
モタつく要素を可能な限り取り払うには、↓の流れで行くのが良いそうです。

1:窓口で自分の番が回ってくる「前」に現金を片手に持っておくこと
2:停車前に運転席の窓は全開にしておく
3:できれば小銭でおつりのないように
4:窓は発進してから閉めること


停まってからサイフを出すなんてもってのほかだそうで、アタシがよく見かける
停まってから後部座席のカバンをガサガサする、なんて論外だわよねー。

4なんかは、当時まだパワーウインドウではないくるくる窓が少なくなかったからだと思います。
後がつかえてんのによいしょ、よいしょ、って窓閉めてんなよ!はよせい!
ってことなんでしょうなぁ…。

で、そんなはるさんとアタシが同意見なわけです(笑)

眠いのでつづく。
↓↓↓
>>山本はるきちのいい女になれよ・2
| 回想 | 04:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 1994年に思いを馳せる
先日のHIPSの動画を観て、ムショウにCDが聴きたくなりました。
当時、少ないお小遣いで買ったのよ。持ってるのよ。

さっそく家宅捜索を開始です。

しかしイロんな変なものが発見されるも、CDは発見できず。
引越しを2回もするとこうなっちゃうのねぇ。
大和さんのシングルCDだって中身がないのばっかりだし…(←反省しろ)


せっかくなんで、たまたま見つけたものを公開しときます。





…ついでか?(笑)
続きを読む >>
| 回想 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ '90.12.27 新宿スペースゼロ
バレンタインパーティの完結編は問題のビデオが見当たらないため(ォィ)
しばしお待ちくださいませ。
ドコいったのかしらー?

さて、アタシにとって忘れたくても忘れられないライブのひとつがこの新宿でございました。

というのも、本邦初!
車で行ってしまおーではないかって無謀な企みを実施したからでございます。
同乗者が一名おりますので、疲れた時は交替しますので楽チンです。

さて、当時のアタシのライブ会場までの足取りを大まかに説明致しますと、

■大阪でのライブならJR大阪駅で下車
■東京でのライブならJR東京駅で下車
■愛知県でのライブなら名古屋駅で下車
■京都でのラ…

とまぁ、こんな感じです(笑)
方向性と言うか、大筋では間違ってないのですが、なーんかこう

「どこの人?」
「日本♪」

ってぐらいにアバウトなのではないかと目下のところ反省中です。(遅い?)

なのでこの時も
「とりあえず名神に乗ったらどっかで東名になって、7時間ぐらいで東京駅に着くやろー」
と出発しましたです。
アホまるだしですな。

しかもー
1:若葉マーク取れたて
2:新車購入後一ヶ月
3:ガソリンスタンド未経験

若いっていいわねぇ〜(真性アホ)

ちょっと余裕を見て朝10:00に集合。10:30に出発いたしました。
意気揚々と出発し……たわけではないんですな。
体調ちょい下降の中、アタシの運転でスタートです。
名神は快調、米原ジャンクションでそろそろ交替…と思ったら、助手席の同乗者はSAまで待てなくてメシ食ってる最中でした。

まぁまだ100キロ走ってないからねぇ。

次、どこだか忘れましたが浜松あたりだったかしら?
なんだか車が多くなって来てます。車間距離がなくて走りにくいです。
平均時速が80km/hです。

トロいよー。(いや法定速度だし)

アタシもかなり疲れて来てますんで運転代わってほしーなー。
でもなんか
「混んで来て慣れへんヒトの車はなぁ……………」

↑…の多さに注目です( ̄  ̄メ)
アンター、こゆ時のためについて来たんちゃうん!

「L3Cにさらさら興味は無いが東京には行ってみたい。
でも新幹線は高いからヤだ、高速代ワリカンにできて運転も代われるから車なら行きたいかも?」

っちゅー失礼なコト言うたんはアンタやないけ!!!


ぜーぜーぜー。
いかん、落ち着かねば…

落ち着くべくどっかのSAでしばし休憩した後、再度走り出しましたら、なにこれ!!!

渋滞ぎっちりでぜーんぜん動きません!!!

ま、まままままだ15時だしね!
開演は19:00だからだだだだいじょぶよ!

と、自ら言い聞かせてハンドルを握りなおしたです。







トロトロトロ。1時間経過。




うだうだうだ。2時間経過。




もももももう関東圏だからさ!東京なんて草履はいて行けるぐらい近所近所!

と、自らをふるい立たせ、クラッチワークに専念します。
(渋滞に弱いマニュアルミッション車でございましたから)



さくさく…ピタッ。
さくさく…ピタッ。3時間経過。

オイオイ…もうさすがにヤバいんじゃありませんこと?
あと1時間しかない上に今どこだか判んないし(!)
顔がマジになってまいりましたわよ。
どーしよ、地図見てよ〜(>_<)
と、助手席に声をかけようと思いましたら…






寝てました(≡_≡メ)

渋滞が緩和される気配はございません。
このままでは間違いなくライブは見られないでしょう。
良くて最後の
「またねーよろしく♪」
が拝めるぐらいかも?


決断の時です。


次のICで高速を下りる車がすんごい列作ってますが、なに食わぬ顔してそのまま通り過ぎ、出口手前で列の車にニコッとほほ笑み、ムリヤリ割り込みます。

えぇ、横はいりです(笑)

今でこそアレですが(どれ?)まだぺーぺーでガススタさえ怖くて入れなかった当時、よくこんなことできましたなぁ…



愛かしら( ̄m ̄〃)


さて。
土地カンも方向感覚も皆無だし同乗者は寝ております。
もーこーなったら頼れるのはJRしかないわよね!

【A】
ってことで最寄りJR駅(駅名和忘れた)まで連れてって頂き、駅前ロータリーに車停めて(オイオイ!)電車に飛び乗り新宿を目指しました。

時計は19:20。

あぁ…
トチュ入りか…。

★★★★★★★★★★ L3Cライブ本番 ★★★★★★★★★★
もちろん始まってました。
なんと席は最前列の右よりでした。
周囲の目がイタかったです…
ステージの上の目もイタかったかも?
★★★★★★★★★★★★ 終了 ★★★★★★★★★★★★

翌日は二人とも朝からバイトなので今夜中に帰らなければなりません。
夜通し運転することになりそうですね。


…誰が?



と、まぁライブの内容がどーだったかなんて覚えてるわけもないこの出来事が原因で、帰りに一度だけしか運転を交替せず高速代は出したが往復900キロのガソリン代には言及しなかったツレアイ君とサヨナラしたのかどうかは………





忘れました(笑)
| 回想 | 08:55 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ '94/2/12 バレンタインパーティ
1994年に企画された斬新なイベント、バレンタインパーティ。
記憶をほじくり返してその顛末をつらつらっと。

becauz結成してから、がっつりバンドのライブとは違ったアコースティックなイベントも増えました。千沢さんと2人、ピアノとギターだけでお手軽に、くだけた雰囲気も楽しめる、これはこれでよいものです。

まぁ、今なら「これ以上くだけたらどーするんだ」
って感じもありますけども… ̄  ̄;)


今回は初の試み。ディナーショウならぬランチタイムショウでございます。
''ムジカパンタナールマラカナ''っつーレストランで、ごはん食べてライブを!
って形式でございます。
たんのしみ〜〜

しかもバレンタインですからねー
なんかプレゼントも用意しなくちゃだしね〜
シシカバブって料理が有名らしいわよ!(当時は初めて聞く料理名でした)
肉のかたまりを目の前で切ってくれるのだと!
たんのしみぃ〜〜〜(結局食い気)

今回は料理も付くとあってさすがに全席指定のチケット代前払いです。
確か、¥15.000だったと記憶しております。
当時にしてみりゃすんごい高い気がしますが、払ったんだねぇ。

ちなみにこの時も、目的地の詳細な地図等は事前に調べず、最寄り駅の名前のみ頭にたたき込んで行くつもりでした。

■新幹線で東京駅

■駅で適当な人物に最寄り駅までの在来線を訊ねる

■最寄り駅

■道行くヒトにお店の場所を訪ねる

基本的にこんな感じでしたわ(笑)
これで何年もやってて、一度だけを除いてぜーんぶ開演前に辿り着いてるんですからたいしたもんです。

さて、当日。
ランチタイムのイベントなんで、朝が勝負ですわね!
当時はのぞみもまだ走っておらず、在来線も少なかったために4時間前には家を出なければなりませんでした。
6時起床→7:30出発って感じかしら?
うわーぃ気持ちイイ目覚めだわーっ。
外もすんごく明るくて、バレンタインにバッチリなんじゃなーい!天の祝福ってやつだわよ〜♪(←なんかカン違いしてる)

アタシの部屋の窓はロールスクリーン一枚で、レースのカーテン等の目隠しがありませんので、スクリーンをあげると
「いやん♪見ないでぇん」
ってストリップを披露してしまう恐れがあるため、出かける直前まで開けては
ならない掟がありますのでそのまま階下へ降りてって顔洗っておりました。
ら、母が起きて来たようすの足音がしたと思ったら、洗面所のドアが開き、
開口一番
「ざんねんやなぁ〜〜」

・・・へ???な、なにが残念なんでしょう???
ごはん食べ損ねた夢でも見たんでしょうか(笑)

ヒトが顔洗ってるときにしゃべりかけてはいけないとゆー暗黙の了解の禁を破った母(アタシが勝手に決めてるだけ)に非難の目を向けると
「まさか今日、行く気やないやろなー」
何言ってんのおかわかりません。はぁ?寝ぼけないで下さいませよ。
「外見てへんのか?あかんでこんなん。アホなことせんときや」
なにぃ???
すっとんでリビングの窓に張り付いてみました。
すると…
なぁんて明るい空…
抜群の天気で雨が降る予感すらないですわよ…
庭の木の枝も遠くの大木もキラキラ光ってなぁんてキレイ…

ん?






ビデオの詳細はさらにつづく
| 回想 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
■ プロフィール
■ 最近の記事
■ コメント
■ カテゴリ
■ アーカイブ
□ OTHERS
Copyright © 2004-2008 YAMATOspirit all rights reserved.