ヤマトナデシコノススメ

肋骨エクササイズ KaQiLa〜カキラ〜指導者を目指し養成コースを卒業したての関西人の日々あれこれ。

メール

■ アリスおばさんのパーティ/お勧めできないミュージカル
えー、ゴホン。
重大なワケがあって、コレを観に行って来ましたのですわよ。
否勧
うっ。
か、カワイイ… わよね?

席を確認すると、「あ」列って書いてあるじゃない?
ってなによ って!!!
ま、まさかと思いますが…

あぁやっぱりー。(ドコだか想像してくださいませ)
ま、しゃーないです。


14:30開演。第一部はミュージカルのようです。
歌って踊るアレでしょ?ミュージカルって。アタシ初めてなのよ〜
楽しみですー!!!



が、しかし。
ツッコミどころ満載とはこの事でした…

カラクチな感想を軽く行ってみましょう。


声や音楽は全てスピーカーから発せられ、しかもそれは録音されたもの…
なのよねぇ?
いや、アタシ端っこなんで耳が痛いんですけど…
カン高い声がキンキンと… 耳栓ください…

ま、ミッフィーさん達は カブリモノ軍団 ですからね。
生声なんか期待するアタシが間違ってるざますわよね。

観客はたいてい2歳か3歳ぐらいのお客さんです。
この小さい観客たちは、舞台ソデでミッフィーさんの衣装を畳んでいるのが
見えるだとか、クロコさんがいっぱいいるだとか、パーティなのにジュースも
ケーキも人数分には全然足りないだとかは気にならないのかしら…???

シマウマの縞々が、生物学上あり得ないガラになっているコトは…
問題ないんですわよね(笑)



いやいや。
ツマランゴタクを並べて夢をこわしてはいけませんわよね。
黙って観ましょう、黙って。ハイ。

それにしてもミッフィーさんのおばさんのアリスさん。
真っ白なオデコが汚れておりますわよ!
そう、きったなーい指で触ったであろう3本のスジがクッキリと。

アリスおばさん、パーティなんて開いてる場合じゃございませんわよ。




顔ぐらい洗ってらっしゃいませ!!!




顔も洗わずお客を迎えるなんざお行儀悪いでございます。

で、ミッフィーさんがアリスおばさんの家まで歩いて行き、ジュース飲んで
ケーキを見て(笑)テレビをちょこっと観たらハイ一部おしまい。



なんじゃそら???
25分しか経っておりませんが…(呆気)

つうか、この↑ミッフィーさん達が観たテレビの内容も、押し付けがましくて
鼻につくシロモノだったですわよ。

■羽が無くて飛べない小鳥が1羽と、羽を4枚持ってる小鳥が3羽。
■3羽の小鳥は自分の羽を1枚ずつカワイソウな小鳥にあげました。
■すると小鳥さんは4羽とも、3枚ずつの羽を持つことができました。
■ミンナ同じがいいね。
■ミンナ同じになれて良かったね。
■これでもう違う子は1羽もいないよ。




ケッ。


なぜ全員が同じでなくてはいけないのでしょう?
なぜ羽の無い子はカワイソウなんでしょう?
それは個性として受け止めるべきなんじゃないかしら?

これを観てるお友達!人並みに育ってね!!!

って言っているよう見えましたねぇ。
人並みってなんだ?人並みってことは人並み以下が居ることが大前提に
なってますわよね?
そのヒト達みたいになっちゃいけないと。

差別への第一歩を助長しているように見えましたですわね。


さて、15分の休憩(長っ)をはさんで今度はミッフィーさんクリスマスコンサートなんですってー。
また録音かしら…( ̄- ̄ll)

ま、とにかく文句言わずに最後まで観ましょうかしらね。

あ、今度はサンタの紛争の可愛らしいお姉さん(生)が登場しましたわよ。
マイクつけてますからスピーカーからだけどココで歌うのね。
良かったヨカッタ…


と思っておりましたら


客席を巻き込んでのゴアイサツ大会が始まりましたです。

「こーんにーちはー!お姉さんといっしょにー、う・た・お・う・ね〜」

「会場のお友達も一緒に、こーんにーちはー!」

「あれー?声が小さいなー?もう一度〜こーんにーちはー!!!」


ココまではヨシとしましょう。

こっから先です。


「じゃあ次は男の子だけね!

男の子とお父さん、せーの!こーんにーちはー!

わぁ〜男らしいカッコイイ声だねー!さすが男の子だねー!」



ぴくっ・・・・・・・・・・・


「男の子はとっても元気よかったよー。

次は女の子とお母さんの番だよ!せーの、こーんにーちはー!

わぁ〜、女の子らしいカワイイ声だね〜!よくできました〜♪」


カッチーン。


周りを見れば、この寸劇を観に来ている年齢層は2〜3歳と言ったところ。
5歳、6歳ではもうつまらない内容かと思われます。
そんな幼いお客さんに対してオトコとオンナを区別して指示するのはナニゴトぞ?


保護者の方たち、おじいちゃんおばあちゃんも楽しそうに一緒に歌ったり手を
叩いたりしておりますが、なんとも思わないのかしら…
うぅむ…

これ以上書くとジェンダー論になりそうなのでこの辺でヤメ。



ディック・ブルーナさんには何のお恨みもございませんが。

オススメできません。5,000円返せ!!!
もう2度と行きませんわよ。(いや今回が間違いだし)

★個人的評価:C-5
初の最低ランク。これ以下のモノは無いと思うけども出てきたらどーしよ?
| 似非レビュー | 18:08 | comments(4) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
Comment
ていうか。そもそもあなたはどういう意図でこのミュージカルにいかれたのでしょうか。そもそも幼児むけのミュージカルと知らずに行かれたあなたのほうがお粗末だとおもいますが。よほど悔しかったのですね。
| | 2007/06/16 11:07 PM |
いらっしゃいませ!古いお粗末な記事に反応があったかと思ったらなんとYAHOOでトップに出て来てますね。
さて、幼児向けは認識しておりましたし、ただの個人的なレビューですのでお気になさらず。
お好きな方はそれぞれの思いで見に行かれて楽しめば良いと思われます。
ちなみにこの回、私の懐は痛んでおりませんので悔しいと言うよりは脱力感が大きかったです。(←もちろんこれも個人的な感想です)
| 管理人 | 2007/06/16 11:23 PM |
うーん・・・

シマウマの柄(その他含め)はブルーナさん絵そのものだったので問題ないです。
ストーリーの流れや細かさ(ジュースやケーキの数、テレビとその内容やダンス等)も絵本の「アリスおばさんのパーティー」をそのまま再現されておりました。

記事を見た感じ、あまりブルーナさんの作品を知らない様ですね。やっぱり見に行く前には、そういうものを調べておいたほうが楽しめますよ(^^)演出が分かると面白いもんです♪

お姉さんの男女分け挨拶は他のイベントに行ってもそうです。ちゃんと理由もあるんですよ。肝心な理由は忘れちゃいましたが(^^;

休憩時間もあの長さで良いと私は思いました。子供のトイレは時間がかかるし、その分混みます。オムツ交換もありますので。対象年齢も考えてレビューしてみては・・・?
| a | 2007/07/11 4:42 AM |
あらー。aサマがブルーナ好きとは存じ上げませんでした!
ほんと、人は見かけによらないというか、性格を反映しないというか、新しい発見ですわ!

で、8月の件はいかがでしょう。
来週アタマあたり届けを出すチャンス到来なのです(^m^*)
| 涼 | 2007/07/12 12:10 AM |






http://yamato.l3c.sub.jp/trackback/255621  ■トラックバックURL
メール
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
■ 最近の記事
■ コメント
■ カテゴリ
■ アーカイブ
□ OTHERS
Copyright © 2004-2018 YAMATOspirit all rights reserved.