ヤマトナデシコノススメ

頑張らないのに身体の内側から健康になれる肋骨エクササイズ KaQiLa〜カキラ〜インストラクター。
ラクして元気になりたい関西人の日々あれこれ。

メール

■ 敬愛なるベートーヴェン/都会で鑑賞

ホントはね、スケキヨさんを観に行く予定でしたの。
ムダイ
しかし電車内でメール着信。本日の相方紳士からです。
待ち合わせの梅田に先に赴き、チケットを買って待っててくれる手はずの大変紳士的なお方です。

あらどうなさったのかしら?

ぎゃあ
すでに満席じゃ
どうしよ〜


……紳士ったら、取り乱してらっしゃいますわ( ̄m ̄〃)
仕方ありません。ココはアタシが落ち着かねば。
なので 時間的に合うのがあれば何でもいいですわよ〜と返事をして任せて
おきました。

あぁ〜スケキヨさん、改めて会いに行くから待っててねぇ〜!!!



っちゅーワケで【敬愛なるベートーヴェン】になりました。
選択の余地がナイとはこのことです。
2列目でした。
スクリーンを見上げて鑑賞しました。
ベートーヴェン晩年当時の町並みや町人の衣装が風情があってよろしいですわよ。

ヒロインが五線譜を埋めて行くようすにうっとり致します。
羽ペンなんですよ。
しかもちゃんと描きやすいように削るのね、羽を。

ほぇ〜〜 とクチを開けて観ていたと思います(笑) ←見上げて観てたからね



アタクシ、第九を生で拝聴したことはございませんが、やっぱこの演奏シーンがメインなわけよね。
トリハダは立たなかったけど、じ〜〜〜〜んと来ましたです。合唱んとこね。

せっかくじ〜〜〜んと来たんですから、メインなココをファイナル近くに持って
来ていれば、きっともっとヨカッタのでしょうなぁ。
ラストは「???」って尻切れトンボだし、結局ベートーヴェンさんは気難しい
おっさんだったって印象しか残らないんですわよ。

もっとこう、なんて言うんですかしら?
ヘンクツで取り付くしまがないおっさんでも、それを補って余りあるカリスマ性を押し出して欲しかったですわよ。

俳優さんの演技は申し分ないですわね。脚本の問題です。



あとー

この映画に注釈をつけるとすればー





オトコどもがヘタレな映画



って感じ???

ま、本筋がベートーヴェンさんがヒロインに頼るってお話なのでこのヒトは置いとくとしてー




■1人目:冒頭でヒロインにシッコ漏れそーなトコを見られちゃうじーさま
 このヒトは全編通してそれは見事なヘタレっぷりを披露してくれました。
 せっかくオシャレしてルイ14世みたいな髪型してんのに、いざ本番で
 ヨレヨレヘボヘボになっちまってヒロインに助けを求める愛すべきお方。

■2人目:ベートーヴェンさんのヤングな甥っ子
 なんしかヘタレ。オンナの前ではカッコつけてんのに、コゼニを叔父上の
 引き出しからくすねるトコ見られただけでオロオロオタオタ、アンタ
 シッコ漏らしてんじゃないのー?
 第九の演奏シーンでは泣いてたけど、感動なんかじゃないよね?
 目にゴミだよね?
 だってその後出てきてないもん。

■3人目:ヒロインの彼氏くん
 いやーコイツがもー
 会えないカノジョと窓辺の再会とかして、仕事にも熱心で情熱的っ!
 カッコイイじゃーん!
 …と思わせといて急転直下の本格的ヘタレなんですのよー
 自分の創作を周りに受け入れてもらえんからってさぁ、
 「んじゃもうオマエとは付き合えないや」ってアンタ。
 そりゃ怒りのホコ先違いますってばさー。
 ヘタレな創作してる自分を戒めないで逆ギレですから(笑)

アナタがた、ちゃんと付いてらっしゃいますの? 飾りじゃないのよ!(何が?)
いや、マジで笑わせていただきましたわよ。ヘタレトリオとお呼びしますか(笑)



帰り、相方紳士から贈り物が!


きゃー♪
透き通ってて、部分的に白くてステキー!!!



























おくりもの
ビニール傘・・・?

なんでも、ジェントルメンがおっしゃるには





紳士たるもの、外出する時はステッキがないとなぁ。
なかったからコレもって来た



ほうほう。なるほど・・・


あ、あ、ありがとうございます・・・(−−;)

アタシをほったらかして遊ぶジェントルメン
↓↓↓↓↓




★個人的評価:C+4
基本はカネ出してまで観にいかないC。
ヘタレトリオと第九の「じーん」でプラス4個かしら。
| 似非レビュー | 23:31 | comments(2) | trackbacks(5) |

▲ページのトップへ▲
Comment
こんにちは、TBありがとうございます。
ブログを拝見しました、ラストに不満があるようですが、私はあれでいいと思います、監督はベートーヴェンの栄光を光として描いて、晩年を影として描きたかったのではないでしょうか。
今後共「e−mono select」を宜しくお願いします。
| masala | 2006/12/20 12:33 AM |
masalaさん、トラバにコメントをありがとうございます♪
えぇ、ラストに不満というよりも、ベートーベンさんが「偏屈だけが欠点の天才」って描かれ方をしてたのがキレイすぎなんじゃないかなぁ、と。
もっとこう、ヤらしい部分(エロでなくて)があふれた人間らしい姿が私の中ではあったもので…。
ともあれ、演技は素晴らしかったですね。
| 涼 | 2006/12/21 12:48 AM |






http://yamato.l3c.sub.jp/trackback/257802  ■トラックバックURL
映画「敬愛なるベートーヴェン」を試写会にて鑑賞。
敬愛なるベートーヴェン - goo 映画  昨日は久しぶりの試写会で「敬愛なるベートーヴェン」を有楽町の朝日ホールで見てきた。  昨日の試写会は、試写券をバラマキ過ぎたのか席に座れない客まで出てしまい、係りの人たちが手分けして空席探しが始まり開映したのは予
| e-mono select | 2006/12/20 12:24 AM |
『敬愛なるベートーヴェン』
CAST:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー 他 STORY:1824年、ウィーン。音楽学校に通うアンナ・ホルツ(ダイアン・クルーガー)は、ある作曲家の写譜を依頼される。その作曲家とはアンナの尊敬するベートーヴェン(エド・ハリス)だった・・・・ 原題は「C
| Sweet* Days | 2006/12/20 9:16 AM |
敬愛なるベートーヴェン
今ちょうどベートーヴェンの「悲愴」を練習中なので、曲についてアレコレ考えている内に、「そもそもベートーヴェンってどんな人だ??」と思い、見てみることにしました。 感想はですね、、、『ベートーヴェンの音楽は素晴らしい!!!』ってことですね。 …え
| 見る?ミル☆ブログ | 2006/12/20 11:47 PM |
敬愛なるベートーヴェン
ベートーヴェン役、エド・ハリス アンナ役、ダイアン・クルーガー 天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、コピスト(写譜師)となった作曲家志望アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。 監督は『太陽と月に背
| ショウビズ インフォメーション | 2006/12/21 12:15 PM |
映画 敬愛なるベートーヴェン(主演 エド・ハリス)動画有
※映画サントラ盤  誰もが一度は聴いたことのある第九や運命の作曲者で恋多き人生だったためか、映画化されやすい人物のようです。 今回の映画以外でも、昔「不滅の恋 ベートーヴェン」というがあったな〜と。 で、映画は… ベートーヴェン最後の交
| エンタメ動画日記 −映画等の紹介− | 2007/01/05 12:17 AM |
メール
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
■ 最近の記事
■ コメント
■ カテゴリ
■ アーカイブ
□ OTHERS
Copyright © 2004-2018 YAMATOspirit all rights reserved.