トップへモドロ
■ 蛙の子は蛙
あたくしの母。
長年、飲食店をやっていたからか、料理は一品ずつ考えるクセがあるようです。
だってさ、お客さんから注文があって作るわけだしさ。
すでに作ってある惣菜も注文受けてから出すわけだし。
お客さんが食べたいものを自分で考えてくれるから自分で献立に悩む必要はないわけです。

ホントに習慣って言いますか、積み重ねって怖いもので、とうとう

一回分の食事の献立

を考えることができないウチの母でございます。

普通さ、二菜一汁とか三菜一汁とか言うじゃないですか。
おかず2〜3品に汁物ひとつとゴハン。
それができないんです。
つまり、バランスって言うんでしょうかしら?
見た目、味、ボリューム、多分きっと栄養学的にもとっても配合が悪い献立が得意なんですわよウチの母。

たとえばアタシが小学生のときのある日の夕食は

酢豚とネギトロ巻






またある日は

ヒレカツサンドと湯豆腐





はたまたある日は

すき焼きに特大の刺身盛り合わせ
が添えてあったり



ちょっとやる気になった日には

炊き込みご飯

カボチャのポタージュ

焼きそば



なんて献立が当然のように出てまいります。
そんな環境でそだったアタシ。

そう、そんな環境でそだったアタシですが、高校の学食でA定食を食べていても不思議に思うことはなかったです。

・ごはん
・メイン(肉か魚)
・副菜(野菜系)
・汁もの

見た目も味ももちろん量もバランスが取れています。
ウチで食べる食事とはかけ離れています。
でもそれはあくまでも「お店だから」だと思っておりましたわよ。
家でみそ汁なんて出てくるの、ひと月に一度ぐらいでしたから(笑)


それが間違いだと気付いたのは、結婚を控えた友人の実家に招かれて3日間ほど滞在した時のことでしたわ。
毎日、間違いなく出てくる学食のA定食をさらに豪華にしたような献立の数々。最初はアタシがいるから友人のお母さんが気を使ってくれているのかと思ったぐらいです。(まぁちょっとは気もつかってくれたんだとは思うけども)


そんな衝撃的な20代の始まりでした(笑)
しかし、それからは自分で食事を作る機会がある度に献立はきちんと(?)考えましたわ。
間違っても冷しゃぶとハンバーグを一緒に作ることはありません。
徹底しておりました。20代の頃。


さて、ゴールデンウィークもすっかり終わり、普段の生活を取り戻した本日、冷蔵庫の中を片付けようと思いまして、冷凍庫で忘れられていた食材などを使って夕食をこしらえました。

ホイコーロー♪
1
しなびかけたピーマンと冷凍焼け寸前の豚肉を片付けました。

ギョーザ♪
3
賞味期限は1週間過ぎております。
まだ全然ダイジョウブです。
| ママ上 | 19:56 | comments(5) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
Comment
ちょー豪華じゃないですか♪
どれも好きなメニュー!
おから、好きなのにうまく作れません!
でも、ホイコーロ・餃子ときたら
白いご飯が食べたいかも(笑)
| yoyo | 2008/05/08 12:26 AM |
この状況は一言で言えますな。
「カエルの子はカエル」

山本さんの「Jiji」にもありますね、
「鏡を見たら俺が映ってた」とかね。
| 抹茶 | 2008/05/08 12:43 AM |
>yoyoさん♪
おから、家庭によってパサパサバージョンとウェットバージョンがありますよねー。
アタシはどっちかって言うとパサパサのが好きなので、おからを炒るときはそれこそ親のカタキのように炒ってますわ〜
(親そのものって意見もあり?)
今日は串カツにサラダにおからに味噌汁、ごはんでした。
普通ってすばらしい!

>抹茶さん
トンビが鷹を生んだのかと思ったんですけどね(笑)
そーいえば視力が0.06のアタシ、起きぬけの裸眼で姿見に向かって「おはよー…」と言ったのは女子高生のときでした。
その頃から前兆があったとは!!!
| 涼 | 2008/05/08 11:05 PM |
遊びに来ましたよ。
よなかなか豪勢な献立ですね。
最近は、飲み屋も無国籍化が進み、中華にフレンチ、寿司、なんでもありですよ。(笑)
| Qチャン | 2008/05/11 4:17 PM |
あっQちゃん!!!
いらっしゃーい♪
豪勢といえば、また遊ぼうという話をしておりましたわね。
花粉の時期が終わったら豪勢にあそびに行きましょうぜ!
(↑花粉、今ピークな人)

| 涼 | 2008/05/13 1:56 AM |






http://yamato.l3c.sub.jp/trackback/766774  ■トラックバックURL
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
■ プロフィール
■ 最近の記事
■ コメント
■ カテゴリ
■ アーカイブ
□ OTHERS
Copyright © 2004-2008 YAMATOspirit all rights reserved.