トップへモドロ
■ 心斎橋 クラブジャングル
9/22の興奮も覚めやらぬ9/25(木)、大阪は心斎橋に参りました。

>>コレ

チープさんのライブ・・・じゃないな。
チープさんがゲストでちょこっとコラボるライブでしたので、
とてもお気軽、お気楽な気分で行ったのですが。


…間違いでしたわ( ̄  ̄;)


まず、どんなライブだってのをきちんと確認して行かなかったアタシ。
チベット音楽だったのですが、チベットの今の現状を思えばおのずと方向性も見えて来そうなものなのに。
あぁ、アタシのアホ。

a

常に、というわけではありませんが、こんなすんごい盛り上がりで、とてもとても場違い&居づらい気分を味わっておりましたわ(笑)
あぁ、ツラカッタ(>_<。)


そんな中、一枚だけ撮れた入魂の画像。(いっつもそれやん)

c
イカン。使用許可取ってないや(>_<)期間限定です


相変わらずカッコよかったわぁ〜
で、ステージでは日本語でしゃべって、ステージ降りたら英語で話してるチープさんには笑った。
逆な気がしますから(笑)


ちなみに、この日の食事はチベットフードっちゅーことで、
スペアリブの煮込み&ナントカスープ(ォィ)だったのですが、
ライブ終了後に出演者の一人(名前忘れたけど若者男子)が
スペアリブをかじりながら

「ビーフ?ビーフ???」

と周りの人に訊いておるのですわ。

しかし周りの人は答えられず、たまたまその輪のはしっこに居るような感じだったアタシにもつぶらな瞳が向けられたので仕方なく

「豚。ブタ。ぶたのアバラっすわー」

と教えて差し上げました。
もちろん日本語で(笑)

するとチベットの彼は安心してスペアリブを最後までモリモリと召し上がったのです。
どうやら宗教上(?)、ビーフはダメらしい。

でもさ。
>スペアリブをかじりながら
訊いたのよ?ビーフかどうかって。

それってかじった後にビーフだって言われたらどうするんだ(笑)

いいのかそんなテキトーで。


あ、もしかして彼もO型なのでしょうか(笑)
| ライブハウス | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 京都 磔磔
失敗しました。

何がて、席よ、席。

ド真ん中のかぶりつきだったんですわ・・・。

っちゅーか、譲ってもらったからねぇ。
断れないしぃ・・・。

目の前はドラムセット。
目の前はドラムさん。
いや、ドラムさんの比喩ではないほとばしる汗を間近で見られて結構よかったかも。
人間ってあんなに汗かけるんだー、とか(笑)

で、このハコのトイレはこんなの。
↓↓↓

どこが個室のドアだか一瞬わかんないぐらいの広告なのよね。
見るのか?この広告、誰か。
| ライブハウス | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ ライブへの考察
公式サイトのインフォメーション、ご覧になりました???
5月のライブの告知があったのが一昨日の真夜中。
アタシ、たまたまネットの巡回中でしてアップされてすぐに見ましたです。

加齢臭バンド
2008.5.23(FRI) 大塚welcomeback
welcomeback開店8周年記念スペシャルライブ

OPEN 18:30
1st st.19:30〜 2nd st.21:00〜
(入れ替え制ではありません) 
¥3,500+テーブル・チャージ ¥500(ドリンク別)

welcomebackの記念イベントに加齢臭バンドが!
今回はスペシャルな何かが起こるかも。


コレ見てアタシ、真夜中だってのに声出して笑ってしまいました。
見るからに普通の告知なのになんで?と思われますわよね。
このマジメな告知のどこが笑いのツボに入ったかと言うと、この一行。


(入れ替え制ではありません)


今まで無かったこの一行が追加された経緯と、公式管理人さんの思惑が渦巻いたのでございます。
さて、その経緯と思惑とは。



去年の11/27のライブ、1部・2部・アンコールと楽しく進みました。
それが終わってからの出来事です。
このライブが【初・生大和】なお客さんがいらっしゃいまして、その方の日記を拝見したわけでございます。
その中にこんな一文がありました。

今日(27日)は、上記のライブに行ってきました。
実は、行く前に大いなる誤解をしていました。

1st stage19:30〜 2nd stage21:00〜ってのは、
同じものを2回やると思っていたんです。
だから、1st stageが終わったら入替があるんだろうと。

で、1st stageの途中で思っていたんですよ。
「あと3,500円出して、2nd stageも見よう!」って(爆)。

まさか、たったの3,500円で、
あんな素晴らしいライブを2時間も見られるとは、
思いもよりませんでした!

−こうちゃんさんの日記より引用−


スバラしい誤解です。感激いたしましたもの。
こんな考え、アタシ微塵もカケラも持ったことございませんでした。

19:30から1回目のライブ(1時間半?で3,500円)

バタバターっと客の入れ替えをして

21:00から2回目のライブ(同じく1時間半?で3,500円)

きっと1部の途中で来たお客さんはその間外の路上で待っていなきゃなんないんだろうねぇ、とか。
お会計も客席の片付けも大変だろーなー、とか。
2部も見たい人はいったん外へ出て並びなおしてからまた入場しなきゃいけないんだろうねぇ、とか。
そんな想像でニヤニヤしつつ、大変楽しく日記を拝見しましたです。

引用以下の内容はといえば、ライブに対するもんのすんごい絶賛の嵐で、
「褒めすぎでは・・・???」
と思ってしまったアタシをお許しくださいませ。

と、こんな経緯があったわけですが、公式管理人さんの思惑はすこし違いました。
アタシと同じく、目からウロコの誤解だわ!と思われた後、少し悩まれたのです。


やっぱり判りにくいのかしら・・・。
1部が終わってからお帰りになるお客様もけっこういらっしゃるし・・・。
あぁ、私も1部2部って書くべきだったかも・・・。




あたしゃお気楽に笑ってられますが、公式管理人たるもの、ココまで考えんといかんのですねぇ。
というわけで、

(入れ替え制ではありません)

って一行が追加となったんですね、きっと(憶測かよ!)。


さぁ。
ココで改めて考察を試みましょう。
なぜ2部制なのか?

●食事への配慮
ライブ中は呑めてもなかなか食べられません。
30分の休憩中に食事を進め、お店もサービスしやすくなります。

●歓談への配慮
ライブ中に大声でしゃべるのはもっての他ですので、休憩中に1部の感想やMCの感想をワイワイできます。

●トイレ休憩の配慮
呑むとシッコしたくなりますからねー。
ライブ中に立ちたくないしー。
トイレも一個しかないしねー。

●30分あれば外出も可能
「アヤちゃんカワイイ!」なんて時に急遽プレゼントを買いに行けます(笑)
アタシ、カメラの電池を買いにいったことがありますし・・・。
(結局ダメだったが)
番台には外出カードも用意されていますので活用してみましょう。

と、こんなにいろいろと配慮がなされているわけですが、一番大きな理由は






ぶっ通しはしんどいから



加齢臭ですからねぇ( ̄  ̄)ノ
| ライブハウス | 08:56 | comments(5) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 高円寺アフターアワーズ 2007.12.21
老舗ジャズバー、アフターアワーズ。
しかしアタシにとっては''料理のアフターアワーズ''
ってコトでチープさんのクリスマスアコライブに行って参りました。

今回はクリスマス限定メニューがあるらしく、チープさんに関わりのある
曲名がメニューになってるのですと!
そりゃもう楽しみ倍増どころの騒ぎではありませんぞ。

食ってやる。

…と、9種類ある特別メニューを完全制覇する意気込みで、1番から
順に頼みましたわよ、えぇ。

まずは飲み物から。
m1
1
1.まずは千沢さんの名曲から。
こりゃ、ハワイのチチを飲んでる気分でした。
スノースタイルが塩だと思ってペロッとやったら、なんとこれがグラニュー糖で、あらまビックリ!
雪のニューヨークの演出ですわね。

2
2.伝説のアンコール曲。
さっぱりしてて美味しかったわ〜!
ちゃんと席まで来てシェイカーからグラスに注いでくれるのもありがたい。

3
3.アタシの一番好きな曲だわー
いわゆるアレキサンダーですが、かなり濃くて満足度が大。
メニューの選曲はチープさんですがこの曲だけはシェフ選曲だそうで、なかなかの策士。


シェフいわく、知らない曲のまま料理はできない。ということで、
CDを借りたりネットでダウンロードしたりPVを観たりとかなり
勉強をしたんですってー。


次は食い物ですわ。
m2
4
4.食い物第一弾はサラダです。
しかし、半熟タマゴを割って流れ出る黄身が哀しい、だなんてシェフ…(笑)
味はね、マッシュルームって生で食べるととっても美味しいんですね!
あらビックリよ〜〜
5
5.唯一の和メニューでした。
豆腐で具を包んであり、「箸で割って中身を…」ってコメントに従いお上品に頂こうと思ってたのに、箸ではなくデザートスプーンだったのでがっつりバクバク食ってしまいましたわ(笑)
今回一番のお気に入り。
6
8.絆、って名前のパスタ。
トマトソースかと思えば、トマトのローストなんだってさー。
トマトのローストってどうやるんだ?
粗引きの鶏が最高にウマイ!

7
9.michi、って名の煮込み。
メニューには牛バラ(国産)と書いちゃったものの仕入れの関係で和牛のスネ肉になっちまったそうで、客のアタシらはめちゃめちゃラッキー!



と、まぁ、全て素晴らしくおいしかったです。
ハズレなし、見事。
が、いつものことですが、暖かい料理を暖かいうちに完食できないのがツライのです。
特にパスタね。
麺の端っこが乾いてしまうのががすんごい哀しいので、曲と曲の合間にガツガツ食いしてしまいました。
いつも食ってばっかりと思われてたらどうしよー。
でもココの食事が楽しみで、毎回朝昼ヌキで行くのですから餓えてて当然って許してもらおう。



ちょと嬉しいデキゴト2つ。
ギリギリで会場入りしたんですが、既に食事を始めているコ慣れた
カップルの隣席に着いたアタシ。
限定メニューの話題を皮切りに気さくに話しかけてもらって、
いつにも増して和やかにライブの始まりを待ちました。

隣では二人とも楽しく曲名について話してるし、
「あぁ、カップルでチープさんのファンなんてすごいなぁ。
 カノジョが教育したのかしら〜」
なんて無粋なことを考えておったのですわ。
しかし、ライブが進み、横から聞こえてくる会話に若干のズレが
あるような無いような???

…結局、アタシがカップルと勘違いしただけで、お互い初対面だった
そうですわ(笑)しかも男性はゲスト女性ボーカルのファンだそうで

いやー、すみません。ホントゴメンナサイ。
そんな風に見えるって、会場の雰囲気が良い証拠なのですわ。
そしてお二人の人柄ね。
この席のおかげで、最後まで本当に楽しかったですわ。
ありがとう〜


もうひとつはライブ終了後に駆けつけてくれた姐さんがおりまして。
24時まで仕事してたんだけど、今年はもう終わりだから顔だけ出して
くれましたのよ。うれしいねぇ。

前述の隣席のカノジョと、この働きマン姐さんと駅まで一緒に
帰りましたわ。よいお年を〜!ってお別れつきでしたです。
また来年(^^)b



そういえばライブはどうだったのか?
8
使用許可、取りました( ̄  ̄;)




チープさんの毛穴まで見える勢いの中、程よくヨゴレた空気に
千沢色が濃い選曲のチープさんの歌とサックスにアタシゃ満足。
いいライブでしたわ〜

>>つづくかも

限定メニューに誤植が一箇所あるんですが判るヒト〜(笑)
| ライブハウス | 03:35 | comments(3) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 六本木インボイス劇場 ブルーマン
カテゴリ【ライブハウス】にしていいのかどうか?
青い3人組を見て来ましただわよ。→コレ
泊りがけで。

なんたるリッチ!!!


↓ミヤゲ画像。
4
ぶるーまんじゅう、って。
本人たちが了承したんでしょうか?このベタなギャグ。


六本木駅に着いたらなんとかなるわ〜と楽観していて
かなり迷った劇場、けっこうちっこい。
1

でも4階まで登るとデカかった…
2
といいますか、何から何まで青いんですわー。

トイレのね、
紳士マークと淑女マークあるでしょ?

アレがどっちも青いわけよ。
一瞬




どっちも男便かっ!!!


って感じ。

どっちに入ろうかしら〜♪ って迷っちゃったわ。
めんどくさがって通路から近いほうに入らなくてよかった…(笑)

3
↑肖像権に伴う使用許可を取ってない(英語ワカラン)ので加工した


内容は、まぁまぁオモロかったです。
感覚的には、ヒゲダンスの規模を大きくして金かけた、って感じね。
言葉を発しないステージだから、3人の細かい仕草や、できれば
表情まで見える前寄りの席ならもっと楽しめたんだと思いますが
こればっかりは仕方ない。

ちょっと「ん?」と思いましたのは、紙の無駄遣いですかしら。
ロールペーパーを大量放出して会場全体を真っ白にしちまう演出が
あったのですが、パフォーマンスとしての効果よりも紙がもったいない…

とかなり引きましたわ。

「再生されます」って注記はありましたが、再利用にも金がかかる
ことを考えればあれはかなりイマイチな演出。


あと、良かった点は、スタッフの教育がすばらしかったことかしら。
開園前は「撮影禁止」をかなりうるさくカンに障る言い回しで
連発していてウザかったのですが、さぁ開演って間際の客席の
盛り上げから開演中の客の案内、閉演に至るまで素晴らしい
アシスタントぶりでございました。

ふた昔前、京都会館でロープを持った手をアタシの恥骨にぐりぐり
押し付けてきた警備員のにーちゃんを思い出しましたわー。
アタシの隣のガタイがデカい男子の方がロープ突破しそうだったのに、
なぜアタシか?
と、そんなのを引き合いに出すのは申し訳ないほどの素晴らしさでした。
今回の一番のミドコロだったかも(笑)


あ、今後ブルーマンを観にいかれる方にアドバイスです(笑)
通路より前寄りの中央付近の席ならば、是非とも10分ほど遅刻して
行くのをおススメします。
味、しめられますわよ〜



ところで ぶるーまんじゅう ですが。


5


はがれました・・・(ll ̄д ̄)

6

ただのまんじゅうやん・・・
| ライブハウス | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 京都ミューズホール 07/11/11
と、いうことで、近場の京都ミューズに初めて行ってまいりました。
ライブハウスにありがちな地下ではなく、ビルの3階でしたわ。


つーか・・・
・・・
・・・
・・・
3


天井、高っ!!!


思わず上を見上げてあんぐり!( ̄O ̄)してしまいました。

( ̄O ̄)

( ̄O ̄)

( ̄O ̄)


飲み物だけでなく、すこーしのおつまみもございました。
しかし食事はできません。
ここんトコがアタシ的にはイマイチかなー。
まぁ需要といいますか、スタイルの違いか。しゃーねーな。

シルバーエンジェルさんは3番目の登場、いつにも増してパワフル!!!
いやー、ゲンキ。
いやー、色っぺ。
いやー、楽し。
1


そいえば、アタシ大和さんのライブん時は必ず後ろの席におりまする。
なんかこう、ステージだけでなくてライブハウスそのものの雰囲気とか
客席の反応とかも全部一緒くたにして一本のライブ、みたいな気分
なんですわ。

しかhしシルバーエンジェルさんの場合、アタクシどこに居るかと
言いますと・・・



2

かぶりつき(笑)


ステージそのものだけがめちゃめちゃオモロい証拠です。

ちなみにこの画像↑、動画のひとコマなんですが、全編通して
この調子でございます。
メンバー全く見えてません(−−;)
かぶりつくのいいけど、自分の設置したカメラふさぐなよって
言いたいですわね。

ハァ(笑)


しっかしライブハウスまで片道40分しか掛からないってなんて幸せ!
| ライブハウス | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 07.11.03 sapporo AB
LOOKが全盛期だった当時(1985-1998)、アタシは自他ともに認めるはるきちファンでございました。
L3Cでもそうだったかも?
そのはるきち氏、ついこないだお初のソロアルバムをリリースしたってんで、記念ライブだ!ってんで・・・

その初ワンマン記念ライブに行ってまいりました(笑)

場所:エイジアンブルー札幌
出演:山本はるきち(V)
   江口正祥(G)
   チープ広石(Sax)→飛び入り出演

このメンバー。
当時のステージに居た7人のうち、3人が揃いましたですわよ。
久しぶりの、まさにLOOK1色のライブにまるで気分は女学生のあの頃にタイムスリップよ。
とてもイイものをたくさん見せて聴かせてもらいました。
はるきちさん、チープさん、スタッフの皆サマ、楽しい夜をありがとうございました。



と、まぁはるきち氏のライブの内容はあちこちで見られると思いますので、ココはいっちょ趣向を変えて




ギタリスト江口正祥の魅力に迫る!



ということでお送りしたいと思います。
そう、あの有名な100mハンサム江口くんです!
注:100mはなれて見るととってもハンサム、って意味です(^^;)
ちなみにこの日、アタシの席から江口くんまで100m無かったにもかかわらず、彼はとてもハンサムでした(笑)
今後は100mじゃなくてもハンサムに改名してはどうかいな? d(−−〃)

さてさて、まずはセットリスト。(合ってるか自信なし)

1:ラストシーンから始めよう
2:



・・・

・・・

・・・

あと忘れた(笑)

えと、
ONE DIME
悲しきプリズナー
バラード
KNOCK!
サヨナライエスタデイ
ドリームファクトリー

なんかを演って、さぁさぁさぁさぁ、
江口くんと言えばどれが気になりますかっ???

そう!!!
なんたって江口くんが引き立つのはドリームファクトリーですわよね!
(思い込み?)



とってもキマッておりますです。
20年経っても変わらないわよねぇ…。


否。
ご本人、ステージの上で同じようにはるきち氏に
「江口って変わらないねー」
って言われて、かたくなに首を横に振ってらしたですわ。
ナニが一番変わったかって、ご本人曰く




































だそうです(笑)

そんなの、アタシだってオナカもセナカもチチもシリもシワも…
あー(笑)


と、いうことで、


20年経てもオナカだけしか変わらない江口正祥!

さすがです。
イケメンギタリストたるもの、何十年経ってもそうでなくてはね!





アンコールは夢見るシンディでございました。

シンディといえば

「これ演ったらもう後はないよー」

って、ファンを黙らせる一曲として有名でございました。
もう演らないよ、って意味なんですわ(笑)

なのにさー
トリオ
いともあっさりと期待(?)を裏切られ、その後も第3部とか第4部とかって
演るわ演るわで

本編ではあんまりしゃべらなかった江口くんも、ここいらへんになると
口に油塗ったみたいにしゃべりまくってましたねー。

だってさ、最後の一曲は冬のステーションで締めくくりたいんだ、
って言うはるきち氏の意向をいともカンタンに曲げ、
(はるきち氏が主役です)

「僕、これダイスキなのよ。どうしても演りたくてさぁ〜」

って、ムリヤリ(笑)少年の瞳を演った後に

「これもレコーディングの思い出がいっぱいあってね〜」

って夢の子供演って、
(はるきち氏が主役のソロライブです)


結局冬のステーションを演らないで・・・


・・・

・・・

・・・

・・・

ひとり先にさっさと帰ってしまいましたとさ(* ̄  ̄)ノノ
※翌日、朝早い便で新潟に飛ばなければならなかったからです♪

乾杯
最後はチープさんが帰ってきたばかりのニューヨークで調達したという
超高価なワインでカンパイしてお開きでございました。
達成感あふれる江口くんの表情に注目ですわね。↑

ハタ目には脇役なれど、我々にとっては大事なメンバーの一員である江口正祥。
この日の彼の功績は筆舌に尽くし難いものがありまする。
お疲れさまでございました。
また、いろんなライブに呼んでもらって下さい(笑)

楽しい夜をありがとうございました。

ってか、また琵琶湖に来てねー♪
湖しかないけどさ(笑)

ところであのワイン、美味しかったですか?
江口くん。
| ライブハウス | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 心斎橋・FanJ SilverAngel
7/29(日)は、大阪は心斎橋にあるFanJってライブハウスに行きましたの。
入ってビックリ(@o@;)オールスタンディングだよ!←慣れてない
プリティファンキィ
オープニングアクトを含めて4バンド出演しておりましたが、アタシのお目当てはなんと言ってもこのおねーさん達のバンド。

ひぁ〜
相変わらずカッコエエ〜!!!

はっきり言って狭い!ステージと客席でしたが、盛り上がることこの上なし。
ライブとはかくあるべし。

(なんか今週、こんなことばっか言ってる気がしますが)

新曲がいっぱい聴けました。
一緒に踊れる開放感もたっぷり味わいました。
パヤッパ、パヤッパ、パヤッパ、Hoo!

でっ。
このハコ、食い物メニューがございませんでしたので、店を出てコンビニに行かねばなりませんでしたわ。
そんなもんなんかねぇ、ライブハウスってもいろいろあるんですわねぇ。
と、言いつつも今回もシルバーエンジェルのステージが大変満足したアタシ、ハコへの不満は相殺されてしまいました。

食い気のアタシを黙らせるシルバーエンジェル、恐るべし。



さて今回セットリストから漏れたスタンダードナンバー。
これがまた、ライブでこその曲でございまする。




帰り道、JRの人身事故のために梅田で1時間半も足止めをくらってしまい
オールスタンディングとの相互作用で足腰がヤバいアタシです(笑)

明日、起きられるのか???
| ライブハウス | 01:29 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 京都・都雅都雅 FUNK SKUNK
7/27(金)夕刻、都雅都雅へ行って来ましたわ。
トガトガって読みまする。
京都は四条河原町にあります。
四条は久しぶりでしたが、こんなに暑かったっけ…( ̄  ̄ll)
地下へのいりぐち。

今年結成されたばかりのバンド、FUNK SKUNKのライブでした。
ふぁんく、すかんく、って読みまする。
実にファンキーな京都バンド出身のおっちゃん達でした。


20年前にコンサートに行ったりしてた人達が出ておりますです。
そりゃ変わってるのはわかってまししたが、なんかこう…

すてきー


凶悪にカッコよかったー!!!

右のギターの宅間さんはこんなにイイ感じに力の抜けた弾き方だったろうか?
足の千鳥な演技(?)が微笑ましい。
見てるだけでこっちが幸せになるギターさんって初めてです。
すてきー。

真ん中のボーカル、三井さんは若い頃スレンダーで髪フッサフサでしゃくれたアゴが人目を引いて…って、ハデ目なにーちゃんでした。
が、ステージでブートキャンプをネタにズボンをたくし上げる姿がなんともヤクザなおっちゃんに(笑)
しかしトークはすばらしい。本当にすばらしい。
アタシはたかじんのトークよりも三井さんのがスキですわ。
オモロい上にステージが一体化してたもんね。
すてき。

左端のベースの和佐田さん。
20年前はあんましでした。爆風スランプのほーじん氏の後に入ってからも少し見に行きましたが、当時はあまりインパクトがなかったのです。
が。
困りましたわー。
めちゃめちゃすごいベーシストでした。
演奏、トーク、ボケの間、表情、仕草、どれを取っても一級品。
カッコ良すぎてクラッと来ました(笑)
いや、笑い事ではないわー。
惚れた。

めちゃめちゃ懐かしいナンバーもやってくれて感激もひとしお。
ナミダあり笑いありのパワフルすぎる2時間はあっと言う間でした。
すごいスタミナですじゃ、おっちゃんらー。



で、このライブハウスなんですが、結構キレイなんですよね。
ゆったりしててテーブルもガタついてないし。
ただ料理がダメです。
ソフトドリンクは注文してないので判りませんが、氷が少ない酒が薄いってのもどう?(笑)
×チキンサラダ ○唐揚げ入りカット済野菜
ライブの出来があまりにも良かったので飲食は相殺されたみたいなもんです。

飲み食いにかなりのウエイトを置くアタシがココまで言うFUNK SKUNK。
皆サマ、京都にお立ち寄りの際には是非一度。
| ライブハウス | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ FM浜松 K-MIX サテライトスタジオ
またまた参りました、ライブハウスのカテゴリちゃうやんけ!って内容の記事。
でもライブがあったんだもん。
仕方ないざます。(開き直りっ)


昨日、浜松へ行ってきましたです。
チープさんがラジオの公開生放送にゲストで出演なんだってー。
でもこの日はアタシ、やってた仕事の大詰め日だから行けないわ〜
・・・と思ってましたら、先週末にクライアントから「ごめんね」メールが(笑)
客先都合で納期が延びたでございます。

しめしめ( ̄m ̄*)

で、当日の昼休み間近になってアタシが上司に言った言葉。

ちょっと外出してきます。夕方には戻りますから〜

えぇ、外出届けを出して新幹線に乗ったわけですわ。
人間、土壇場になったらなんでもできるのねぇ…(笑)

さて、14:20に浜松駅。
チープさんの出番は14:25。
どないせーと言うんでしょう。間に合うわけないわよね(笑)
もちろん駅前タクシーに乗りました。

「おっちゃんごめんやけどめっちゃ飛ばしてー!
捕まったら産まれそうや言うてー!」


などと無理難題をふっかけて気を紛らわせておりました。
腹いせにあたられたタクの運ちゃん、大変気の毒です…(←わかってたらやるなって)

ゲタ履きで申し訳ないなーと思いつつもツリは要らねぇぜ!なんて事は言えるわけもなく、きっちり600円だけ払って降りました。

おぉ。
タクシーを降りたとたんに聞こえてくるこのつややかな声。
やってるやってる!
道路中にチープさんとDJさんのトークが響き渡っております。
相変わらずなめらかなしゃべり、なんだかスタジオライブもある模様よ。
楽しみだねぇ。



・・・さて。

実はサテライトスタジオって、屋内だと思っていたアタシ。
まぁ普段FM局なんて無縁の生活してますからね、知らなくて当然っちゃー当然?
過去、唯一体験したサテライトスタジオが屋内だったので↓そーゆーもんだと思っちゃったです。
某FM局サテライトスタジオ。思いっきり屋内。


そんな感じで聴いて(見て)たわけなんですが、なにせ大通りに面しておりますからね。
一番コマッタのは大型車のブレーキ音。

チープさんが麗しくサックス吹いてる真っ最中だってのに、デッカいダンプが
急ブレーキをキキキ───────!!!



油切れてんじゃないの!!?


整備不良でおまわりさん呼ぶわよっ!!



いえいえいえいえ…
本当にコマッタのはそんな生易しいもんじゃございませんでしたの。
アタシらを待ち受けていた悲劇はこのあとすぐにやって参りました。

そう、トラックの地響きや乾いたブレーキ音以上の悲劇…。



まず見学場所がこんなん↓です。
張り出しテントでちょこっと日陰が作ってあります。

スタジオ観客席(!)
そして天気はド晴天。
K-MIXの前には「K-MIX前」なんていう、ココへ来るには絶対に
間違えない名前のバス停がありまする。


さらにスタジオではチープさんが演奏中。




…何が起こったかおわかりでしょうか。

そう、アタシ達を襲った思いがけぬ最強の悲劇とは。


少ない日陰でバス待ちをするおばちゃん軍団のデッカいおしゃべり


お察し下さい。

スタジオ前には道路に向けて2個のスピーカーが設けられており、
街中にはガンガンチープさんのサックスが流れております。
アタシらもガラスにビッタリ貼りついております。

おばちゃん達の脳内はきっとこうなっていたと思われまする。


あー暑い暑い今日はいいお天気ね〜
バス来るまで日なたで待ってられないね〜
あっちに日陰あるじゃない♪
あら、何かやってるわね、なになに?





・・・バラード演奏中だっつーのに真横で大声でしゃべられてみ?




誰かが何か吹いてるわよ、誰?
どっかで見たことあるような気もするよねー
えーほんとー、あれサックスって言うんだっけ
そうそう、私高校の時に吹奏楽やってたんだけど、トランペットよりも簡単なんだよ
へ〜。こっちの方がボタンが多いから難しそうだけどねぇ
違うよ、トランペットはボタンが3個しかないから難しいんだよ
多い方が簡単なんだねー
そうそう、でさ、こないだの○▽※◇□γ※β…


延々と続きました…
ほんとに大声なんです。だってチープさんのサックス音が真上のスピーカーから降って来るわけですから大声でないと聞こえないわけよね。そうよね。

でもさぁ…
アタシら真剣に聴いてるってのわかんないのかねぇ。
全国的に「大阪のおばちゃん」は最強と言われておりますが、アタシにとっては思いがけない敵の出現でございましたのよ。

浜松のおばちゃん、恐るべし。


後で気づいたのですが、スタジオのガラスには外側に向けてこんな注意書きが貼り付けてありましたの。

注意してくれや

うーむ…
ラジオ局側としては言いたいことは解る。
解りますがしかし、アタシらに言わせてもらえれば。

歩行者の皆様へ

1:閲覧者の妨げにならないこと



ってのを付け加えて頂きたかったですわねぇ。
って、おばちゃんそんなの見てないか。
アタシらだって終わってから張り紙に気づいたんだもんねぇ(笑)

いじょう、グチでした。



そうそう、チープさんの出番が終わってから、曲が流れた
わけですが、その間にDJさんがアタシらに向かってジェスチャーするんですわ。

カメラ構えてパチパチポーズ

君たちもっと寄って寄って!ポーズ

ボクここ座るからねポーズ


・・・記念撮影するんすか(笑)
このマジックミラー越しに(!)
まぁ向こうからは見えているらしいのでヨシとするか?

結構時間がかかってなんとか撮れたみたいですけど、
きっとこんな感じになってると思われます。








ぜったい心霊写真みたいになってるはず…
DJさんの顔、覚えてなくてすみませ〜ん!!!
しかも服の柄も間違ってるしー!!!



背後霊の集団かよアタシら…(;一_一)

して、その真実やいかに(怖)




なーんて描いてるうちに、>>チープさんのブログにこの写真UPされてます(笑)
なんだか、このまんまです。マジ、コワイです(>_<。)
| ライブハウス | 18:24 | comments(4) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
■ プロフィール
■ 最近の記事
■ コメント
■ カテゴリ
■ アーカイブ
□ OTHERS
Copyright © 2004-2008 YAMATOspirit all rights reserved.