ヤマトナデシコノススメ

頑張らないのに身体の内側から健康になれる肋骨エクササイズ KaQiLa〜カキラ〜インストラクター。
ラクして元気になりたい関西人の日々あれこれ。

メール

■ HIiiiiiiiiiiiiiiiPS!!!(再)
過去の記事をまとめようと読み返していて、今の気分にピッタリな記事を見つけたので再掲。
今の気分ってどんなんなんだ(笑)
*****************
| ワタクシゴト | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ ご相談
5/23は待ちに待った

「美女と華麗衆8周年ウェルカムバックまつり」

な日ですわよね。

で、ご相談ってのはその美女と華麗衆まつりの・・・








翌日にある従妹1の結婚式についてなんですが(笑)
ちょっと困った?ことになるかもわからないのです。


まず従妹1のスペックはこんな感じ。
年齢33
京都市在住
2人姉妹の姉
内気な性格
相手(36)とは結婚相談関係のパーティで知り合う
相手は豊田市在住(名古屋の近く)
結婚後は豊田市で新婚生活


アタシとの関係はこう
長女(母)−アタシ
長男(叔父)−従妹1、従妹2
次女(叔母)−従妹A、従弟B


で、この唯一の男な従弟B
結婚式に招待されるにあたり、自分の彼女も一緒に連れて行きたいと言い出したです。

・・・。

イトコの結婚式にカノジョを同伴・・・。

なんでだ(笑)



聞くと、この秋に結婚するつもりな彼女がいるらしい。
でもこれってあくまでも「つもり」なだけであって、婚約はしていないんですってよ。

「婚約はしてないけど結婚するから一緒に行きたい」

ってことらしい。



・・・。

だからなんでだ(笑)

ちなみにこの話が出るまで親戚一同、従弟Bにこんな相手がいるって知らなかったです。
知らなかったんですよ。
知らなかったのよ。
つまり、従弟Bの家族以外はだーれもこの彼女に会ったことないのさ。


で、
従妹1(本人)と従妹2、従妹A、従弟Bあたりで

「行きたいねんけどー」
「ええよええよ〜おいで〜♪」

ってなやりとりがあったそうで、おいおいアンタら簡単にいいよってなんで言えるんだ・・・???とモヤモヤしてしまいました。

まぁまだ子供だから仕方ないか?(って全員30代)

しかし、大人の方も(といっても全員50代)
従弟Bの母である叔母(母の妹)は、一緒に行かせてやりたいと言う。
結婚する従妹1の母である叔母(母の弟のヨメ)はどう判断すべきか判らないと言う。



えー。
アタシの常識がおかしいんでしょうかしら???
だってさ、
だってさ、


・普段仲良くもしてない
・イトコの結婚式に
・自分の彼女を
・連れて行く
・しかも結婚する本人と彼女は一面識もない


んですよ?


■問題その1:
式の前に親族顔合わせと紹介がありますがどうすんの?
「イトコの婚約者です」と言えばいいかもしれんが、集合写真には写るわよね。
もし万が一結婚することなく別れたら、その集合写真見て
「これ誰?」
「イトコくんの元カノ♪」
って代々言われ続けるんだろうなぁ、とか。
式には出ないってのもあるけど、従弟Bは式に出るわけだしねぇ。

■問題その2:
席はどこに座るんだ?
親族席に座るのか?席次表は「●山●一様婚約者」って書いて?
それとも新婦友人席?
会った事もない人が(笑)
話す人も居なくてぽっつーんとすること請け合いですわね。

■問題その3:
お祝いの件
まさか従弟Bとは別に包むよね?まだ名前も違うんだし。
連名とかありえないですよね?
ね?
ね?



ちなみにアタシがこの彼女の立場だったとしたら、従弟Bと既に入籍してても結婚する本人と一面識もなかったら行きません。

皆様、どう思われますかしら。
| ワタクシゴト | 07:19 | comments(5) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 予習
>>じつはめちゃめちゃスキなんです。


大和さんより若干オトコマエだと思っていることは秘密です♪



初期のシリーズから映像化されるってことなので予習、じゃなくて復習をしまっす!
続きを読む >>
| ワタクシゴト | 23:07 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ メロディ・セクストン Melodie Sexton
I TRY....ってラブバラード。
大和さんの持ち歌の中でも唯一無二のデュエット曲でございますわね。
しかもイングリッシュ。すばらし。

先日のバレンタイン当日ライブのラストでも演奏されたらしい名曲ですが、アタクシこの壮大なイントロから、バラードなのに走り抜けて行く流れのこの曲がダイスキです。

作詞も手がけた相方メロディさんの豊満な肢体から奏でられる艶やかな声の色香がたまりません。
一緒にステージに立っていた1994年当時、ハッキリ言って迫力ではメロディさんの方に分があったように思いますわ。
大和さん、細かったし(笑)

そんな愛すべきメロディさんですが、今はどこでどうしているのか。
と、2年ほど前まで検索かけたりしてました。
結果は2、3のツカミがあるだけで、まぁつまり行方不明ってことですね。

がっ。
今日。


メロディさん見つけた…!!!

いや、でもご本人かっ???
このサイトの写真の人、どえらくキレイなんですけど…(失礼な発言)
同姓同名の別人なんじゃないの…???(ホントに失礼)

しかしこのサイトのメロディさんのディスコグラフィを見てみると、上から3つ目のジャケット画像のないアルバムね。

これ、アタシ持ってますもの。

ホレ。
ジャケットの一部
これ、メロディさんだよ。

…生きてたんだ!!!
(マジで失礼ですからっ)

しかもスリムになってキレイになってまぁまぁまぁ…(失礼すぎ)



なんだか活躍してる姿を知っちゃうと、欲望がむくむくと首をもたげて来ちゃうわー。

歌ってる姿を見たい声を聴きたいって欲望ですわ。
そう、あの名曲、I TRY....を( ̄  ̄〃)



注)メロディさんのCD、厳密に言えば「持っていた」ってのが正解です。なぜなら、今はご覧の通り。
CDはジャケットのみの姿になっているから〜

中はなぜかビコーズシングル
…でもなぜ中にビコーズのクラブマージービーツが???
| ワタクシゴト | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ やめられないとまらない
今朝は激ヤセ薬を飲むのを忘れて出勤してしまいましたので
さっき一気飲みしました。
なにげに裏の説明文を見ると、

「一粒ずつゆっくりと・・・」

って書いてあるのにはじめて気づきました( ̄  ̄ll)
もしかして効いてないような気がするのは一気飲みのせいか!?



というわけで、明後日(もう明日か?)はライブに行くでございます。
先週末は札幌に行って、今月末は大塚に行く予定で、明後日は地元の
京都市内でございます。
とてもフトコロにやさしいライブになっておりまする。

出演するは7月からお久しぶりのシルバーエンジェルさん。
11/6にニューアルバムリリースしたてで張り切って行ってみましょー!




新しいパソコンで編集ソフト入れてないのでノーカット(笑)
京都のオンナと浪速のオンナと神戸のオンナが歌ってるのがたのし。

■11/11(日)京都MUSE 17:30

インディーズのこってこてなバンドが4つほど出てて、比べてみるのも
オモロいです。

ライブってホント、やめらんないわよね〜〜〜
| ワタクシゴト | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 願掛け中・願掛け後
にっこりシャクトリムシ

去年ぐらいからでしょうか。
何か願い事があると、なぜかこのシャクトリムシが脳裏によみがえるようになりました。

たいした願い事ではないんですけどね、いつも。

「週末晴れてくれー」とか
「週末雨降ってくれー」とか
「窓開けてきちゃったわ!夕立だけは堪忍よー」とか

・・・天気ばっかりですわ・・・。

今回は天気ではありません。
吉と出るか凶と出るか、皆サマも画伯に祈っていてくださいませ(>_<。)

・・・何を?


えー。

玉砕でした。


シャクトリムシのご利益もこれまでかっ!
かくなる上は更に強力なご本尊を描いていただかなくては…。

さて、玉砕の詳細は後日。
| ワタクシゴト | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 涼ちゃんの観察日記2
9月がやってまいりました。
観察日記の日です(笑)

>>観察日記1



9/1

梅酒が成熟して行く過程って、つまり色の変わり方と梅の実の様子だと思うわけです。
あぁ、なのにこの写りの悪さよ〜。

デジカメが壊れたのがやっぱり痛手でございますね。
携帯画像ではやはり限界がありますわ〜。

誰か修理代を・・・(−−;)

| ワタクシゴト | 11:48 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ バトル・集金のおばちゃん
クレームが向こうから飛び込んで来ましたわよ。
うしし(^m^)

今回は金銭ががっつり絡んでまいります。
おにぎりの中身が表示と違う!なんてので騒いでる場合じゃございませんのよー。



父が存命だった頃は母も仕事を持っていましたので、今とは生活スタイルが違ったこともあり、お互い金銭面での干渉はあんまりしてなかったように思います。(←あんまり、ってトコがビミョーではある)

しかし。

父が亡くなり、2年ほど経った頃に事件は起きました。

ある夏の昼下がり、アタシは出かけるべく仕度をしておりました。
平日で午後だってのに仕事にも行かずに何してたのか記憶にございませんが、創立記念日とかだったのかもしれません。いや、ウチの創立記念日は冬だな…

さて、ふと気付くと母が玄関先で誰かと話をしています。
玄関が廊下の途中にあるので(ヘンな家?)通りすがりに見ると集金のおばちゃんのようです。気にも留めずに洗面所に行き、また戻ると母の困ったデカい声。

| ワタクシゴト | 22:08 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 涼ちゃんは貧乏性:3
さ、続きつづきっと。 

>>パート1
>>パート2

ってなワケでとてもモノもちの良いことが判明したあたくしでございます。
今日も初代フェリエで顔を剃って出かけましたわよ。
うーん、爽快。


サイフという番外編が入りましたが、今日のが正規の第二段です。

今回は衣料編。
かなりロコツな表現(どんな表現?)が出てまいりますので、そのテの話題が苦手な方はご遠慮下さいませませ。
(ってたいしたことないけど)


アタシ、買った服とかもらった服とか、捨てられません。
デザインが古かったり、好みの形じゃなかったり、サイズが合わなかったりしても捨てられません。

なぜか。

いつかなんとかなる! …と思うからです(笑)

いつ、どう、なんとかなると言うのでしょうか( ̄  ̄;)

この考えの根底には、県下一の家政学科卒業→修士課程中退という、輝かしい経歴があるからで、古いデザインの袖を作り変えたりサイズを直したりってのを

「いつか」

やるだろう、ってことなんだと思うんです。

しかし、皆サマご存知のようにアタシはO型。
そんなん、いつかすると思われますか?
アタシ、自分でも一生しないと思いますわ(笑)

そいえば修士課程んとき、あまりのめんどくささに、着物の模様を全く考えずに(見てもいない)端っこから寸法どおりにチョキチョキ切って仕立ててしまい、「こんなの着られねーぜ」って模様の仕上がりになった経験もあります。
背中の中央で柄が合わさって、放送禁止!って感じの模様になっちゃったのよねー(笑)
その反物、5万円でした…( ̄0 ̄ll)
と、まぁ、実〜に輝かしい経歴なわけですわ。

そんなこんなでタンスで眠っていいる洋服たちの方が、普段着ている枚数より断然多いんですよね


その中で、ひと組のセットがございます。
続きを読む >>
| ワタクシゴト | 22:08 | comments(4) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 涼ちゃんは貧乏性:2
モノ持ち続編です。

>>その1

>>持ち物検査の会でも晒しましたが、アタシ長年ヴィトンのサイフを使っておりました。
12年間使ったと思います。
まだまだ使えますわよ、ヴィトンですものー。(生地も縫製もホントに頑丈)

が、ある時を境に、中に入れているものが真っ茶に染まるという出来事が続いておりまする。小銭や札はまぁいいとしてもカード類の被害がひどく、保険証の名前が読めなかったり、検問で免許証を出したときに警官にけげんな顔をされたりしたので原因を探りました。(遅っ)

すると、内部がはがれてました。
これがカードの表面にべったりついてたのねー。
1
この面に触れているカードだけではなく、摩擦?でカードとカードの間にも入り込んで、カード同士がくっついて離れないなんて現象も起きてました(笑)
潮時かねぇ…。

ってことで、たまたま見つけたクロコダイルの財布をサクッとネットで購入。
ヴィトンの1/8の値段で買えたので、気持ちも大きくなったのか、普段生活してる中ではありえないピンクにしてみました。

わりとカワイイでございます。(アタシに似合いません)
2

小銭入れはとても見やすい。出しやすい。
ブラボー。
3

札入れの内っ側はナイロン張りですが、安かったので文句は言えない。
しかし札が一枚も入ってないってのはいかがなものか?( ̄  ̄;)
4

ほれー。
カード入れもこんなに豊富ー。
5

・・・って多すぎゃしませんかアナタ!!!?

続きを読む >>
| ワタクシゴト | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
メール
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
■ 最近の記事
■ コメント
■ カテゴリ
■ アーカイブ
□ OTHERS
Copyright © 2004-2018 YAMATOspirit all rights reserved.