ヤマトナデシコノススメ

頑張らないのに身体の内側から健康になれる肋骨エクササイズ KaQiLa〜カキラ〜インストラクター。
ラクして元気になりたい関西人の日々あれこれ。

メール

■ 心斎橋・FanJ SilverAngel
7/29(日)は、大阪は心斎橋にあるFanJってライブハウスに行きましたの。
入ってビックリ(@o@;)オールスタンディングだよ!←慣れてない
プリティファンキィ
オープニングアクトを含めて4バンド出演しておりましたが、アタシのお目当てはなんと言ってもこのおねーさん達のバンド。

ひぁ〜
相変わらずカッコエエ〜!!!

はっきり言って狭い!ステージと客席でしたが、盛り上がることこの上なし。
ライブとはかくあるべし。

(なんか今週、こんなことばっか言ってる気がしますが)

新曲がいっぱい聴けました。
一緒に踊れる開放感もたっぷり味わいました。
パヤッパ、パヤッパ、パヤッパ、Hoo!

でっ。
このハコ、食い物メニューがございませんでしたので、店を出てコンビニに行かねばなりませんでしたわ。
そんなもんなんかねぇ、ライブハウスってもいろいろあるんですわねぇ。
と、言いつつも今回もシルバーエンジェルのステージが大変満足したアタシ、ハコへの不満は相殺されてしまいました。

食い気のアタシを黙らせるシルバーエンジェル、恐るべし。



さて今回セットリストから漏れたスタンダードナンバー。
これがまた、ライブでこその曲でございまする。




帰り道、JRの人身事故のために梅田で1時間半も足止めをくらってしまい
オールスタンディングとの相互作用で足腰がヤバいアタシです(笑)

明日、起きられるのか???
| ライブハウス | 01:29 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 京都・都雅都雅 FUNK SKUNK
7/27(金)夕刻、都雅都雅へ行って来ましたわ。
トガトガって読みまする。
京都は四条河原町にあります。
四条は久しぶりでしたが、こんなに暑かったっけ…( ̄  ̄ll)
地下へのいりぐち。

今年結成されたばかりのバンド、FUNK SKUNKのライブでした。
ふぁんく、すかんく、って読みまする。
実にファンキーな京都バンド出身のおっちゃん達でした。


20年前にコンサートに行ったりしてた人達が出ておりますです。
そりゃ変わってるのはわかってまししたが、なんかこう…

すてきー


凶悪にカッコよかったー!!!

右のギターの宅間さんはこんなにイイ感じに力の抜けた弾き方だったろうか?
足の千鳥な演技(?)が微笑ましい。
見てるだけでこっちが幸せになるギターさんって初めてです。
すてきー。

真ん中のボーカル、三井さんは若い頃スレンダーで髪フッサフサでしゃくれたアゴが人目を引いて…って、ハデ目なにーちゃんでした。
が、ステージでブートキャンプをネタにズボンをたくし上げる姿がなんともヤクザなおっちゃんに(笑)
しかしトークはすばらしい。本当にすばらしい。
アタシはたかじんのトークよりも三井さんのがスキですわ。
オモロい上にステージが一体化してたもんね。
すてき。

左端のベースの和佐田さん。
20年前はあんましでした。爆風スランプのほーじん氏の後に入ってからも少し見に行きましたが、当時はあまりインパクトがなかったのです。
が。
困りましたわー。
めちゃめちゃすごいベーシストでした。
演奏、トーク、ボケの間、表情、仕草、どれを取っても一級品。
カッコ良すぎてクラッと来ました(笑)
いや、笑い事ではないわー。
惚れた。

めちゃめちゃ懐かしいナンバーもやってくれて感激もひとしお。
ナミダあり笑いありのパワフルすぎる2時間はあっと言う間でした。
すごいスタミナですじゃ、おっちゃんらー。



で、このライブハウスなんですが、結構キレイなんですよね。
ゆったりしててテーブルもガタついてないし。
ただ料理がダメです。
ソフトドリンクは注文してないので判りませんが、氷が少ない酒が薄いってのもどう?(笑)
×チキンサラダ ○唐揚げ入りカット済野菜
ライブの出来があまりにも良かったので飲食は相殺されたみたいなもんです。

飲み食いにかなりのウエイトを置くアタシがココまで言うFUNK SKUNK。
皆サマ、京都にお立ち寄りの際には是非一度。
| ライブハウス | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ FM浜松 K-MIX サテライトスタジオ
またまた参りました、ライブハウスのカテゴリちゃうやんけ!って内容の記事。
でもライブがあったんだもん。
仕方ないざます。(開き直りっ)


昨日、浜松へ行ってきましたです。
チープさんがラジオの公開生放送にゲストで出演なんだってー。
でもこの日はアタシ、やってた仕事の大詰め日だから行けないわ〜
・・・と思ってましたら、先週末にクライアントから「ごめんね」メールが(笑)
客先都合で納期が延びたでございます。

しめしめ( ̄m ̄*)

で、当日の昼休み間近になってアタシが上司に言った言葉。

ちょっと外出してきます。夕方には戻りますから〜

えぇ、外出届けを出して新幹線に乗ったわけですわ。
人間、土壇場になったらなんでもできるのねぇ…(笑)

さて、14:20に浜松駅。
チープさんの出番は14:25。
どないせーと言うんでしょう。間に合うわけないわよね(笑)
もちろん駅前タクシーに乗りました。

「おっちゃんごめんやけどめっちゃ飛ばしてー!
捕まったら産まれそうや言うてー!」


などと無理難題をふっかけて気を紛らわせておりました。
腹いせにあたられたタクの運ちゃん、大変気の毒です…(←わかってたらやるなって)

ゲタ履きで申し訳ないなーと思いつつもツリは要らねぇぜ!なんて事は言えるわけもなく、きっちり600円だけ払って降りました。

おぉ。
タクシーを降りたとたんに聞こえてくるこのつややかな声。
やってるやってる!
道路中にチープさんとDJさんのトークが響き渡っております。
相変わらずなめらかなしゃべり、なんだかスタジオライブもある模様よ。
楽しみだねぇ。



・・・さて。

実はサテライトスタジオって、屋内だと思っていたアタシ。
まぁ普段FM局なんて無縁の生活してますからね、知らなくて当然っちゃー当然?
過去、唯一体験したサテライトスタジオが屋内だったので↓そーゆーもんだと思っちゃったです。
某FM局サテライトスタジオ。思いっきり屋内。


そんな感じで聴いて(見て)たわけなんですが、なにせ大通りに面しておりますからね。
一番コマッタのは大型車のブレーキ音。

チープさんが麗しくサックス吹いてる真っ最中だってのに、デッカいダンプが
急ブレーキをキキキ───────!!!



油切れてんじゃないの!!?


整備不良でおまわりさん呼ぶわよっ!!



いえいえいえいえ…
本当にコマッタのはそんな生易しいもんじゃございませんでしたの。
アタシらを待ち受けていた悲劇はこのあとすぐにやって参りました。

そう、トラックの地響きや乾いたブレーキ音以上の悲劇…。



まず見学場所がこんなん↓です。
張り出しテントでちょこっと日陰が作ってあります。

スタジオ観客席(!)
そして天気はド晴天。
K-MIXの前には「K-MIX前」なんていう、ココへ来るには絶対に
間違えない名前のバス停がありまする。


さらにスタジオではチープさんが演奏中。




…何が起こったかおわかりでしょうか。

そう、アタシ達を襲った思いがけぬ最強の悲劇とは。


少ない日陰でバス待ちをするおばちゃん軍団のデッカいおしゃべり


お察し下さい。

スタジオ前には道路に向けて2個のスピーカーが設けられており、
街中にはガンガンチープさんのサックスが流れております。
アタシらもガラスにビッタリ貼りついております。

おばちゃん達の脳内はきっとこうなっていたと思われまする。


あー暑い暑い今日はいいお天気ね〜
バス来るまで日なたで待ってられないね〜
あっちに日陰あるじゃない♪
あら、何かやってるわね、なになに?





・・・バラード演奏中だっつーのに真横で大声でしゃべられてみ?




誰かが何か吹いてるわよ、誰?
どっかで見たことあるような気もするよねー
えーほんとー、あれサックスって言うんだっけ
そうそう、私高校の時に吹奏楽やってたんだけど、トランペットよりも簡単なんだよ
へ〜。こっちの方がボタンが多いから難しそうだけどねぇ
違うよ、トランペットはボタンが3個しかないから難しいんだよ
多い方が簡単なんだねー
そうそう、でさ、こないだの○▽※◇□γ※β…


延々と続きました…
ほんとに大声なんです。だってチープさんのサックス音が真上のスピーカーから降って来るわけですから大声でないと聞こえないわけよね。そうよね。

でもさぁ…
アタシら真剣に聴いてるってのわかんないのかねぇ。
全国的に「大阪のおばちゃん」は最強と言われておりますが、アタシにとっては思いがけない敵の出現でございましたのよ。

浜松のおばちゃん、恐るべし。


後で気づいたのですが、スタジオのガラスには外側に向けてこんな注意書きが貼り付けてありましたの。

注意してくれや

うーむ…
ラジオ局側としては言いたいことは解る。
解りますがしかし、アタシらに言わせてもらえれば。

歩行者の皆様へ

1:閲覧者の妨げにならないこと



ってのを付け加えて頂きたかったですわねぇ。
って、おばちゃんそんなの見てないか。
アタシらだって終わってから張り紙に気づいたんだもんねぇ(笑)

いじょう、グチでした。



そうそう、チープさんの出番が終わってから、曲が流れた
わけですが、その間にDJさんがアタシらに向かってジェスチャーするんですわ。

カメラ構えてパチパチポーズ

君たちもっと寄って寄って!ポーズ

ボクここ座るからねポーズ


・・・記念撮影するんすか(笑)
このマジックミラー越しに(!)
まぁ向こうからは見えているらしいのでヨシとするか?

結構時間がかかってなんとか撮れたみたいですけど、
きっとこんな感じになってると思われます。








ぜったい心霊写真みたいになってるはず…
DJさんの顔、覚えてなくてすみませ〜ん!!!
しかも服の柄も間違ってるしー!!!



背後霊の集団かよアタシら…(;一_一)

して、その真実やいかに(怖)




なーんて描いてるうちに、>>チープさんのブログにこの写真UPされてます(笑)
なんだか、このまんまです。マジ、コワイです(>_<。)
| ライブハウス | 18:24 | comments(4) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ P.9cafe/SilverAngel
昨日はライブに行ってきました。
待たせすぎですってばー(>_<。)ってぐらいに待ったライブでしたの。
枚方?んなの近い近い!

silverangel

・・・と言いながら「現地まであと300メートル!」ってとこで散々迷ったんですけどねぇ…
道がナナメになってると弱いんですわ。
曲がってる道はあかんあかん。
京都みたいに碁盤の目みたいになってるのがよろし。

そう、アタシは京都がダイスキなのです。
街の風情と奥ゆかしさ、本音とタテマエの精神、そしてシルバーエンジェルのいる町でございますから!

そ。
シルバーエンジェルのライブに行って来ましただ。


ハコはこの日が★祝!開店★だという、ピカピカなP×9Cafeってライブハウス。
300人ぐらいのキャパがあるそうで、入ってみるとなるほど、客席はスタンディングメインのレイアウトになっておりまする。
まーつまりテーブルがちっこくて高くて少ない、っての?
つうかもう席空いてないし!
ってなわけで仕方なく隅っこのベンチを陣取る。
そしてウォッチング開始。
キャッシュ制のバーカウンターではドリンクのみのメニューしかありません。
晩ごはんココで食うつもりしてたアタシはいったい…(笑)
ま、ベンチで食事はムリですけどね。つうかドリンクも置くトコないぜよ。
背の高いイスとテーブルもセカセカしてて個人的に好きじゃございません。

ナウでヤングな雰囲気ですわね(笑)
わはは。
0

ステージでは別バンドが演奏しておりますが、照明のすごさにビックリ仰天!
この規模のハコでこんな凝った照明、初めてですわ〜
カラフルでいて色浮きせずにステージが映えるし、ステージ上だけでなくて客席の真上にもしつらえてあるこの光の大群、なんと動くのです。
迫力あったわ〜。
照明でカンゲキしたのって1987年のロックンロールバンドスタンド神戸会場以来です。古っ。

1

さてシルバーエンジェルさん。
美人デュオのお二人は今日もしょっぱなから激しい振り付けがキマっております。
息もピッタリ、ホントにカッコいいでございます。
何がいいって、ある意味ワンパターン。コレ。
もちろん毎回何かしらの新発見はあるのですよ。今日はどんな衣装かなーとか、カバーはナニ演ってくれるのかしらー、ヅラ外れないか心配だわー、とかね。
7

が、よそサマでは退屈極まりないこのワンパターン、シルエンに関しては全く当てはまりませんですの。

安心しきって楽しめるワンパターンってのかしら。
安心しながらもドキドキ感はたっぷりあるのも不思議でございます。

7月に待望の新アルバムも出るので、それに納められる新曲もいくつか披露して下されましたのですが、これがまたとんでもない歌でした。

明るく楽しく皆で踊ろ!よってらっしゃい見てらっしゃ〜い♪ってサービス精神満点か?と思わせつつ、なんだ結局はネタか?みたいな。
4
関西見どころオンパレードで、一曲聴けば関西エリアにバッチリ詳しくなれるんじゃないかしら?
早く新アルバム聴きたいわぁ〜(>▽<)b

今回、なんとステージ上から客席を記念撮影してくれたカメラマンさんがいたのですが、ベースのデンタルさんの弟さんだそう。
えー、似てないので言われなきゃ兄弟だってわかりません。(^^;)

あの客席集合写真がどこで使われるかはわかりませんが、ごちゃっ!とかたまった上に、タバコの煙がもくもくしててスモーク炊いてるみたいになってたので、ぼんやりしか写ってないんじゃないかしら?
なんだかまた背後霊の集団みたいになってるんじゃないでしょうねぇ…(笑)
5

で。
ハタ!と気づきました。
アタシのスキじゃないこのちっこくて高いテーブルとイスの思いも掛けなかった効果に。
ゆったり腰掛けられる低いテーブルセットは、立ち上がりにくいんですわ。
当たり前ですわね(笑)
いやしかし、ライブはやっぱりスタンディング。立って踊ってナンボです。
でもオトナなお客さんはシャイだからね〜。なかなか盛り上がらないのよね。ウワーッ!とはね。
そこにこの高めイス。
ケツをちょっとずらせば、ほら、もうあなたもスタンディング♪
一緒に踊りましょ〜♪

…P×9Cafe、恐るべし。
こんな策略があったとは…。

いやはや、今後の参考にしたいもんですわね。


ってアタシが参考にしてどーすんだって感じですが(笑)


次のシルバーエンジェルライブは 7/29(日)心斎橋FanJ。
たんのしみぃ〜

>>シルバーエンジェルのプロフィールの無い( ̄  ̄;)メンバー紹介
| ライブハウス | 22:10 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 大塚Welcomebackを振り返る
思えばいろんな事があった夜でございました。
会場前(会場の前、ではなく会場の前。いっしょ?)

買ったばかりのカメラが信用できなくて、SDカード一枚では不安になったのは
新幹線の中。
現地調達するしかないわね、ウェルカムバックの近くにカメラ屋さんがあった
はず。と、向かった先のカメラ屋で…

1G
地元で買ったこのSDカードと全く同じメーカー、容量のカードが…
約、倍の値段で売っておりました。
もちろん断念しましたとも。えぇ。

6,040円も出せるかーいっ!!!


このカード1枚に掛けるしかないわ!とハラをくくり、少し先のカフェに
入りました。落ち着いてコーヒー飲みたいです。
通りに面したカウンターでフーフー言いながらコーヒーすすってると、
知った顔が目の前に。
あら、ココで待ってたら誰かと遭遇するかもねぇ♪
と思ってはいましたが、こうもカンタンに会えるとは(笑)
Lサイズがぶ飲み
二人で会場入りする際、荷物の大半を持って頂きました(ナゼ)。
よっぽどアタシがいっぱいいっぱいに見えたのでしょう。
ありがとう(>_<。)
そして荷物もち
  ↑コレ、アタシの荷物入ってマス(>_<)


席に着いてしばし、なんやかんやと集まって参ります。
結構入りがいいみたいですわね。やっぱし加齢臭だもんねぇ。

ささ、カンパイしましょー♪
って、なんで皆サマアタシに向かっておめでとーって言うんだ(笑)
今日は画伯のお誕生祝いじゃないよ〜( ̄△ ̄;)


そうそう。お誕生日なのよねー。
なので開演前にとっととお誕生日プレゼントを渡すことにいたしました。

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

席に置いておくのがジャマだったから。



ってことではないですのよ。念のためね。ホントよ。
ホントなんだからー。



…んっ???
プレゼント渡すってのになんで新聞出してくるのだ?
そしてこんなニュース、あったっけー( ̄0 ̄;)
ぷれぜんと(頭脳版)

実はコレ、どなたかのプレゼントなのでございます。
カネは掛かってませんが愛はこもってますわねぇ…
うっふん(笑)
拡大

と、夜は更けていくのでありました。

つづく、かも?
| ライブハウス | 19:39 | comments(3) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ 守山市民ホール''玄関ロビー''/kenjiro
カテゴリが「ライブハウス」なのに、バーを紹介したり野球場が出てきたり、
挙句の果てにプラネタリウムなんかも出てきちゃう、なんでもござれのまとまりのないブログでございますが皆サマいかがお過ごしでしょうかしら。

さて今日のカテゴリも「ライブハウス」。
いつにも増して負けず劣らず。

【市民ホール】でございます♪

ん?普通だろって?

えぇ、確かに。「ライブハウス」ではないにせよ、普段コンサートホールとして
使われている場所なんですものねぇ。
なにが負けず劣らずなのさ???


だってー。





玄関

なんですよ。



玄関。

すてきー。こーゆーのダイスキー。


…とまぁ前置きはさて置き、本日は我が琵琶湖にですね、あのっ!
kenjiroさんがいらっしゃるってので、うそでしょうそでしょと半信半疑ながら
行ってみましたらホントにkenjiroさんでした。
激シブピアノマンでございます。



ピアノマンっちゅーと、まず
1:千沢さん。
2:ビリージョエルさん。

までしか浮かばなかったアタシですが、昨今はkenjiroさんがすぐに出てまいります。上のお二人と同じニオイがするんですわよね。
千沢さんもkenjiroさんもビリーさんの曲に感化されたと伺いましたので当然っちゃ当然なのかもしれませんわね。

16:55
とゆーことで慣れ親しんだホールに行きましたら、すでに玄関ロビーはリッパに会場と化しておりました。
このデッカい黄色い傘はいったい…?

・ピアノの雨よけ?(いや玄関っちゅーても室内だし)
・日よけ?(いや、夕方だし)
・集音?(の割には穴ボコだらけだわ)
・誰かが回すとか?(めでたいですから)
・…かざり?(正解かも?)

と、アタシの目が釘付けなジャンボな傘でございました。
ちょっと欲しくなりました(笑)

17時きっかりにkenjiroさんお出ましです。
以下セットリストですが間違ってませんようにー。


1:約束の場所
2:イタリアン・レストランで(ビリー・ジョエル)
3:涙そうそう(森山良子)
4:さよならの人
5:Welcome To The World(未発表曲)
6:一本の糸
7:僕たちの航海
8:スマイル(チャーリーチャップリン)



1、4、5、6、7がオリジナルでございましたが、5番目は今年お生まれになる予定の赤さんを出迎える曲だそうで、恥ずかしいなぁとかおっしゃいながらも気持ちよさそうに歌う姿が印象的でございました。
涙そうそうはkenjiroさんの声には合ってないよな気がしましたが、これはオンナ声に慣れてるからなんでしょうかしらねぇ。
ビリーさんのカバーの迫力がスゴかったので、その差分かもしれません。
それだけビリーさんカバーは鬼気迫るものがありましたわよ。
京セラドームで演ってもダイジョウブですわよきっと。
7番目の僕たちの航海って曲が元気があって好きでございます。
ピアノ曲で元気になれるってスゴイわよねと再確認でございました。

あ。
そうそう(^m^*)

6、7はピアノだけじゃなくてオケも使ってたんですが、これがさぁ〜
なんだかkenjiroさんがピアノの上でちょこちょこイジってらっしゃるわぁと
思ってましたら、なんと。


ipod(みたいなヤツ)からオケが出てるのさぁ!

しかもよー、



曲の途中で音量の調節とかなさるわけよー。





弾きながら歌ってるのによー。


カミワザですわっ(>_<)

…恐るべしkenjiroさん。
ワンマンライブとはかくあるべし。


17時から50分ほどのライブでしたが、中庭に面した玄関ホールのガラス越しに、ゆっくり陽が暮れて行く様子が心地よかったですわよ。
17:30
それに応じて照明が生きて来て、半分ミラー化したガラスに何重にもピアノと照明(と黄色い傘)が映っててなかなかのものでした。
やるな!琵琶湖も!(違)
17:50

終了後は車に乗り込み、10分後には自宅でメシ食ってました。

そう。
いわゆる「スープの冷めない距離」とはこの事ですわね。


ん?
そんなシャレたもんじゃないって???

そうよね〜(笑)




「ジャージで行ける距離」って方がアタシらしい例えかしら( ̄m ̄〃)

もしも今日のホールがkenjiroさんではなく落語の寄席だったとしたら間違いなくそうしてましたわね。
※前科アリ(笑)
| ライブハウス | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
■ デジタルスタードーム''ほたる''/鈴木トオル・秋人
本日は超・多忙でござった。
仕事を定時で終わることができたのは、実は本日、会社の忘年会のため定時
上がりなんですわよ、全員。
で、自分の車に乗り込み「んじゃあとで!」と、さも別便で忘年会場に赴く
と見せかけながら本当に行ったのは…

ココ(笑)
二兎を追うモノは一兎も得ず
前の席だとステージは見えるけど星空が見えず、後ろだと星空はキレイだけど
投影機がジャマでステージが見にくいドームでございます。
どちらかは間違いなく楽しめるわけでからスバラシイですね(?)

相変わらずの''星のお兄さん''の解説と、本日はトオル氏&秋人氏のライブで
ございましたのよ。

おほほ。


さて、前回告知されていた通り、今日はクリスマスにちなんだストーリーを
追って間に曲をかませる構成みたいねぇ。
そーいや画伯も前にミュージカルやってたわよねぇ…

で。
星のお兄さんの解説は10分ぐらいしかなかったです。
全部知ってるネタだったからヨシとします(笑)
ギョウザと子犬座のみでした。
詳しく知りたい方は琵琶湖まで来てください(鬼)

で。
いつものよーに軽快な星座解説からいきなりお兄さんの口調が変わりますのよ。
なんだかめちゃめちゃキンチョーしてる雰囲気なんですわ。
低い声になっちゃって、台本読み上げてるんでしょ?
ナレーションっつうの?
いや、小学生の国語の教科書読みみたいな感じでマジ笑えました…
ごめんねお兄さん。
でもホント、いつものネタより笑えたのはネタを熟知しすぎてるせいなのかしら?

というわけで新ネタの仕込みをよろしくお願いいたします。



で。
本題ですが。
歌はほんととってもヨカッタですわよ。
トオルさんのハスキーボイスに秋人さんって方は普通に男性の声だし(ん?)、曲の内容もコラボ感が充実しておりました。
会場がドームだから声がよく届くのかしら?
圧倒される声量ですわね、相変わらず。
と、唸りましたですわよ。(ガン見してたんだけどさアタシ^^;)

しかーし。

どーも、あのラジオドラマ風の物語がロマンティックすぎまして、アタクシ
理解できませんでして( ̄- ̄;)
あまりにも抽象で夢物語っぽいラブストーリーでしたのよ。
そんなんないやろ!ってツッコんでおりました(笑)

だってー
クリスマスにプレゼント持ってカノジョの家に行くのにバスに乗ったまでは
イイとして。
■ここらへんじゃなかったっけ?
■あ、停留所みっつほど乗り過ごしてる
■まいかあ、歩いて戻ろう

…なんでカノジョの家がわかんないんですか(笑)
一回も行った事ないのかしら?
いやその前にクリスマスにカノジョと約束してなかったわけ?
もし約束してないとすれば、それはカノジョが他に先約が間違いなくあるのでは(笑)

…なんで、こんなツッコミしちゃいけませんのよ!!!
ステキな歌が挟まるんですからー。

でもさ、このナレーションって星のお兄さんじゃなくて録音みたいなんだけど、
どー聞いてもオッサ 年配の男性の声なのよねー。
カレシがダッフルコート着てバス乗るんだから、物語の内容的にはもちょっと
年齢が下っぽい声のがよかったのではー…

いかんいかん、アラ探ししてちゃダメですわよ〜

ひとつ、あまりにも印象に残ったフレーズが頭に残って離れません。
ロマンティックなのよ〜

あら、ホワイトクリスマスねとつぶやく彼女の細い肩にとまった、ひとひらの雪のつぶが車のヘッドライトに照らされてきらりと光った


うぅむ。
アタクシこの歳まで生きてきてこんなシチュエーションございませんでした(笑)
イナカだからかなー
都会のカップルってみんなこうなんだねー。すごいなー。
間違いなくクリスマスの夜空ですわね
皆サマ、クリスマスの夜にこのフレーズ思い返して潤ってね!


結果的には、ひっさしぶりに正攻法シャイニンオンを聴いて初心(ピュアな
ココロ?)に戻れた気がしたことでとても後味よかったですわ。
大変トクした気分でした。

★星のお兄さんへ
観客がステージ向いて聴き入ってる時、後ろにこっそり一休さん出さないで下さいね。笑いをこらえるの必死ですから、もう。

>>その後のアタシ
| ライブハウス | 04:16 | comments(0) | trackbacks(1) |

▲ページのトップへ▲
■ 京セラドーム大阪/ビリージョエルさん
行ってまいりましたわよ、京セラドーム。(旧:大阪ドーム)
ビリージョエルさんでございます。
1:東京ドームに行ってきたわよ!って方。と、
2:京セラドームに行くわよ!って方。に、
・・・触発されましたの。(笑)←洗脳されやすい?

しかしビリーさんといえばアタシの人生を大きく揺るがす根源となった方。
といっても過言ではありません。
そう、あの千沢さんの心の師匠とでも言うべきお方ですからね。

ご尊顔を拝す最後のチャンスかもしれませんのでこれは行くっきゃない。




さぁ、ビリーさんですわよ。

アタクシ、ビリーさんの曲はこれと言って聴いたことがございませんでしたの。
ビリーさんに限らず、そもそも外人さんがダメでしたのよ。
外国語がわかんないからでございます。(←ただのアホ)
でもねぇ、ビックリいたしました。
もちろんビリーさんは英語でお話されているのですが、判んないながらにも
だーいたい何をおっしゃっているのかが掴めるわけなんです。
1971年より前は髪の毛がもっとあったんだよ〜ん
なんておっしゃっているのがですよ。
ビリーさんの魔術ですわねきっと。言葉は国境を越えますわよ。

そして年の功、貫禄って言うんでしょうか?
ゆったり落ち着いた風格って言うんでしょうか?
この広いドームの正反対、後方から飛ぶ声援にまで耳を傾け、相づちを打つ
あのゆとりってば・・・

・・・うらやま・・・あ、いえいえ。

歌は当然スバラシかったのですが、すごいのね!踊るのね、ビリーさんは!
あのお年で、2時間もあんなにパワフルに歌って踊れる人、存じ上げませんわよ・・・。すんごいわよ。

惜しむらくは、アンコールでビリーさんの期待に応えることができなかった事。
ドーム内大合唱の中、アタクシ独り、クチパクでございました(笑)

そして。
再確認と言いますか、やっぱりと言いますか、驚愕の事実を自分の目で
見ることになろうとは。


それはね。



ピアノは打楽器である!

しょっぱなからピアノは打楽器でした。
最後まで打楽器でした。
時にはビリーさんのお尻で弾かれる打楽器でした。

すばらしい。
20年前に千沢さんが言ってた言葉はウソじゃなかったんだ・・・

ホンキで感動いたしました。
終演



で、その打楽器たるグランドピアノですが、ビリーさん、ステージに向かって左向きに設置されていましたのよね。
それがふと気づくと右向きに変わっておりますわよ???
あれ?
対面ピアノだったのー?
んなバカな。
メンバーが力を合わせて向きを変えた?キャスター付いてんのかあのピアノ。
とか考えてましたら、また左向きになってますのよ。
今度は見逃さないわ!と見張っておりましたら、スクリーンに映るビリーさんが右向いてますわ〜。
ありゃ???じーっと見てたはずなのに!!!
これが合計4セット行われました。
瞬間移動か、はたまたイリュージョンか。

どなたかこの謎を解明しておくんなさいませ〜(>_<)


・・・副社長がどんな人かはまた明日( ̄  ̄;)
ゴチ
| ライブハウス | 23:38 | comments(9) | trackbacks(5) |

▲ページのトップへ▲
■ 大塚ウェルカムバック
NGその2?
いろいろありまして楽し疲れた
大塚ウェルカムバック。
皆サマお疲れさまでした。

そして大和さん、キタさん
はじめさんパパゴンさん
いちろうたさん。
ありがとうございました。

もんのすんごく楽しみにしてたアタクシですが、こんなに楽しみにし過ぎて
ダイジョウブかしら?と危惧したのがウソのようなレベルの高い夜でございました。

あとはこの楽しさ愛おしさを後世に残す作業が待っておるわけですわね。
そう、ライブレポートの作成でございます。

うはっ。


さて。アタクシ本日ふと気付いたのですが。
このブログを始めてから、今回が初めてのライブ参加となりましたのですよ。10月のマローネ行けなかったので。

でねー。

最近思い出すたんびに回想録として書いてるダラダラ思い出日記をですね、実はこっそりライブレポとして掲載してしまってるんですわよ。ココ>>

あんな低レベルなモノを、とんでもない所業でございますね(u_u。)
でもこれ以上の詳しい内容なんて忘れちゃってるしぃ〜

で、今回のレポートをまとめるにあたり。

こ、こ、こここここ



このブログで、いつも書いてるみたいにさらーっと流して終わってイイ?







ダメ?

やっぱし飛び出す絵本がイイ?

うーんうーん。
悩み中・・・

日記とレポートをきちんと分けてる公式管理人さんってスッゴイなーと今さらながらに感心尊敬いたしますですわ。

| ライブハウス | 17:20 | comments(2) | trackbacks(2) |

▲ページのトップへ▲
■ '06/10/10 原宿クロコダイル
渋谷のワニ屋さんクロコダイルへ行って来ましたです。
なーんて久しぶり〜

CHEEp'sのライブでしたが、オープニングアクトのバンドさんがありまして、それがもとでちょっと体験することのできないオモロい出来事に発展しました。


詳しくは我らが愛すべきドラマー、
ガーさんのブログ を見たあとにチープさんのブログ を参照すると、楽しく
解説してあります(笑)

いっそいで走ってきたであろうガーさんがお出ましになった瞬間、
ステージの上では
「んじゃー次の曲!」(←ガーさんへのカマシ)
♪ドコドコド〜ン(にわか女性ドラマー、タイコ叩く)
どらまぁチカライシリエたんじょう
この瞬間のガーさんの表情はもう2度と見ることができない貴重なものでしょう。どんな気持ちだったのか訊いてみたいものです。(鬼?)

スポットライトを浴びてBGMは客席からのドナドナ合唱となり、そんな針の
ムシロの晒しモノ状態の中、独りドラムの調整するガーさんはとてもとても
カワイソウでした(笑)←笑ってるやん
もちろんアタシもドナドナ歌わせていただきましたが。(かなり鬼)
この日の楽しいライブに相応しいオープニングをありがとうガーさん!
ドナドナガーさん


ただねぇ〜
こないだのプラネタリウムで実証済みですが、ライブん時にはゼヒ飲み物を控えたいですわよね(笑)
特にクロコのトイレは皆さん行くのイヤがるんですわよ(笑)
あのトイレなんとかすりゃドリンクの売上げも飛躍的に伸びるんじゃないかしら?
…と、どなたかクロコのマスタに提案して下さらない?(笑)
トイレがもし後ろにあったとしたらアタシ、きっと倍ほど呑むと思うわ〜
(ってどれだけ呑む気だ?)


続きを読む >>
| ライブハウス | 09:47 | comments(2) | trackbacks(0) |

▲ページのトップへ▲
メール
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
■ 最近の記事
■ コメント
■ カテゴリ
■ アーカイブ
□ OTHERS
Copyright © 2004-2018 YAMATOspirit all rights reserved.